オイルサーディン!

Category未分類
オイルサーディン2種

ハイボールには「オイルサーディン」がよく合う。
ビールでも日本酒でも焼酎でも同じことが言えると思う。
酒肴としてはかなり上位ということで私の中で勝手に認識しているだけなのだが。
画像はイギリス製?!の「KING of KINGS」と竹中罐詰の「サーフェイス印のオイルサーディン」
なのだが、やっぱり軍配?!は竹中罐詰に上がる。
もちろん価格は「KING of KINGS」の倍ぐらいする、価格もそうなのだが決定的に
違うのはいわしの大きさと油である。竹中罐詰の方はサラダ油といわれる中では最上級の
「綿実油」を使用し、(KING・・・の方は大豆油)いわしは小さい。これはどのような事かといえば、
数あるオイルサーディン缶の中では魚の生臭さが無いほうだということである。
いわしも大きくなるほど脂は乗るがその分それ自体の生臭さが気になる。
竹中の方はいい具合な大きさで油も最上級、そして小さくカットしてある月桂樹の葉が1枚。
さすがに高いのだけれど美味いものはそれなりにするということで納得せざる得ない。

今夜もちょいと一杯のつもりが・・・
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment