Welcome to my blog

軍曹亭!

軍曹亭!

午年だからではないが走り出すと馬車馬のごとく暴走気味になって
減速のタイミングを見失うのは悪い癖である。

相変わらず仕事の状況は落ち着いているので(9月からのことは考えたくないのだが)
帰りに引っかかって1杯なんて余裕もできてくる。
駅前のいつもの居酒屋に寄るといつも誰かしら知り合いが呑んでいる。
居酒屋は人生の教室である。

雑多な年齢に職業、話題、聞く耳を立てて話を聞くも良いし、話に入って
自分の言い分を話してみても良い。
酒が入っているので無礼講でもある。

人生の先輩!

このお二方の年齢は四捨五入で70歳、もちろん仕事はとっくにリタイヤしており
片や某自動車メーカーの設計部で駆け出しの頃、かの本田宗一郎から説教を食らった兵で
片や京都に本社がある大手精密機器、計測器、医療機器のメーカーの営業だったという
経歴の持ち主、リタイヤしてからのこの表情、実に良い顔をしている。
人生の大先輩のこのお二方から見れば私などはまだまだ小僧というもので
いつも説教されているのだ。
「軍曹くんのそのバカでまっすぐで青いところは実にいい、いつまでもそれで行け!
泣いても笑っても人生は1度きり、笑って死んだら儲けもの、薔薇色の人生だよ。」

そういってくれるお二方にはいつも何かを教えてもらっている。

南越谷に来て4度目の夏も真っ盛りである。


薔薇色の人生(ラヴィアンローズ) エデット・ピアフ
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply