アドリア海、放埓の日々を夢見て・・・

Categoryりくがめ・みずがめDeGoGo!
週の初めぐらい定時で帰りたいのだが状況が許してくれない。
ひとりでやっているので仕方の無いことなのだが。
帰宅してTVを付けるとBSのBBC特選でモンティパイソンに出ていた
俳優が東欧紀行をするという番組がやっていた。
今回はアドリア海沿岸の国を歩くというやつらしい。

アドリア海沿岸の国といえばイタリアは当たり前なのだがその対岸の
旧ユーゴスラビアに属していたクロアチアやボスニア・ヘルツェゴビナ、
モンテネグロそしてアルバニアなどがある。

アドリア海・・・

海の青と空の青が目に眩しく、私がイメージする古きよきヨーロッパの
牧歌的風景がブラウン管?!(今は液晶か!)に映し出される。
しかし、このような平和な風景にたどり着くにはユーゴ崩壊後の
長い内戦を経ているのだ。
そして番組ではいまだに完全に取り除けない地雷の話題にも触れていた。
どこまでも青い空の色と地雷撤去に汗を流す元兵士コントラストがアンバランスに映る。

アドリア海は地中海の一部であるが我が家で「地中海」と縁のある
住人?!といえばチチュウカイリクガメに属する彼ら(彼女)である。
スロベニアアルプスの風景が映った時に彼らの故郷はきっと
このようなところに違いないと直感的に思った。

クローバーを盗み食い。。

しかし、我が家の住人ときたら・・・
こんなものである。鉢植えのクローバーを盗み食いしながら
故郷のことでも思っているのだろうが?
いや、そんなことはあるまい。。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment