日乗 2013.04.25

Category未分類
最近は夜半に必ず目が覚めて首から胸にかけてだけ汗をかいている。

昔、立石に住んでいた仲が良かった人がそういう症状は自律神経が
少しまいっている状態だと言っていたことを思い出す。
前職をやめる直前にもこのようなことが事があった。
現在、仕事の方は多少問題があるものの思い通りにやれているとは思うので
原因は仕事では無いのかも知れない。

目が覚めると少し動悸がする。
ふらふらと台所に向かい煙草に火を着けて換気扇を付ける。
煙を深く吸い込んで最高潮に忙しかった年末からのことを思い返す。
毎日どう卓上の書類たちをロス無く効率よく減らしていくかしか
考えず4ヶ月やってきた。
おかげで勤め人としての評価?!は、ほんの少し上がったようだが
それと引き換えに今まであって当然と思っていたものが無くなって
しまったような気がする。
今にして思えばそれも以前から持っていたものだったのかも定かではない。

どこかの「錬金術師」の等価交換の法則では無いが、「賢者の石」に比べたら
ほんとに些細な値打ちも無いものに払った代償は大きい気がする。

きっと今日も夜半に目を覚ますだろう。
そしてきっと煙草も不味い。

スカイツリー!!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment