おれさまたちの黄昏。

Category未分類
お気に入りの「茶色の小瓶」があったとする。
それをうっかり落としてしまいバラバラに割ってしまったとしよう。
とりあえず割れた破片を丁寧にかき集めて組み直すことにしたのだが・・・
以前だったら破片は速攻ゴミ箱行きで新しい小瓶を求めに街に
出かけていたことだろう。
しかも割れたことを誰かのせいにして。

私の「おれさま」性格は私のそばにいる方々には今にはじまったことではなく
それも私の一部としてわかっていることだと思う。
(それを認めてくれているか否かは別として)
年とともにその気質も薄まっては来ているのだが、如何せん「おれさま度」の
濃度が元来高かったのでこの年になってもかなりコントロールが難しい。

割ってしまってパズルのピースのようになってしまった「茶色の小瓶」の
破片を組み合わせる。
「あー!もうやめたっ!」と投げ捨ててしまいたくなるところをグッと
堪えて根気良く直すことにする。
きっと寸分違わず元の形には戻らない。

陶磁器の修繕方法に「金繕ぎ」という方法がある。
金粉と漆を使ってわざと修復箇所を目立たせ以前の姿より「味のある」
姿に変えるという修繕方法だ。
元の「茶色の小瓶」には戻らなくてもまた違った形の素敵な「茶色の小瓶」に
なるのならそれもまた良いと思えるようになってきた。
まぁその修繕方法にもかなりの根気はいると思われるのだが。

すべからく物事に関してこのように思えればこの先いつまで生きているか
わからないが毎日を豊かに過ごしていけるのではと最近思っている。

おれさまたちの黄昏・・・
スポンサーサイト

2 Comments

ひろりん  

元気だせぇ~

同級生なんで、同じ年月生きているので・・・
もうこの年になると、とうに人生の後半を進んでいるわけだけど、今までの人生は思い出でできている。

ほっとんど思い出。

でも、その思い出は悪いことばかりではなくむしろいい思い出のほうが多いのではないかな?とも思う。

これからもお互い、形の違う「茶色の小瓶」をたくさん集めましょ!

2013/04/07 (Sun) 23:32 | EDIT | REPLY |   

軍曹殿!  

ひろりん>
まぁとりあえずはこれ?!を組んでからかな。
はたしてどんな小瓶になるかは解からないけどね。。

2013/04/08 (Mon) 18:42 | EDIT | REPLY |   

Post a comment