4月4日・・・

Category未分類
新しいスーツを1着新調した。
そんなに高価なものではない。若い頃に着ていたものの方が高価だった。
モノにこだわりが薄れたのは年を取った証拠なのかも知れない。

去年のこの日は人生の夏休み?!最期の日だった。
この時、確かに私が手に入れていたものはこの1年でスルリと私の手から滑り落ち
どこかに転がって落ちてしまった。
他人からみたら価値が無いものかも知れないが私にとってみれば今もっている物の
すべてと交換しても良いぐらいの大事なものである。
眼鏡を額にずらして若干老眼がかかった瞳を良く凝らして見ても
見つかりそうも無い。どこに転がって行ったかあせって探せば探すほど
空回りして見つからない。
私以外の誰かが転がっていったものの価値を見出す前に見つけなければ
ならない。
途方にくれ、いい加減もう探すのをあきらめようと思ったことは1度や2度ではない。
しかし、探すことをやめてしまったら2度とこの手には戻らない。
どんなに馬鹿げていると思われる事をしてもまた私の手に戻したいと思っている。

ここの所、色々なことがありすぎて我が「人生列車」の運行は通常運転とは程遠く、ダイヤは乱れまくっている。
ただ仕事の便?!だけはこういう時に限って順調に増発を繰り返している。
以前からなのだがいつもメーターの針は右か左に振り切れてセンターには
留まらない。これも性分というやつか、こまったものだ。

満開はすぎています。

去年のこの日の「桜」は5分咲きだった。
今年は満開を過ぎ、もう散っていると思っていたところにここ数日の花冷えで
まだ辛うじて咲いている。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment