Welcome to my blog

軍曹亭!

軍曹亭!

忙しい日々を送っていると自身の「アンテナ」の感度が悪くなる。
と言うか反対にそれによって廻りの細かな「雑音」を受信できなくなり返って
感度が良くなるのかも知れない。
いい歳をしてなんだが、自分の感性に訴えかけるものに(音楽・本・ファッション・画像等)
関しては敏感かつ素直に受け入れて行こうといつも心がけているつもりなのだが、
毎日、日付が変わる少し前に帰って来る生活が日常になってくるとその余裕も無く
帰って来るなり「食って」「寝る」生活になる。
そしてその寝るまでの短い時間の間に放映しているプログラムの中で最近?!見つけた番組が
表題の「蟲師」だ。

元々はコミック誌「アフタヌーン」で1999年から2008年まで連載(不定期期間含む)
され、2005年から全26話でアニメとして放映された作品である。
連載当時から知ってはいたのだが、絵柄の好みや「蟲」という字のイメージが当時少年誌で
連載していた別の作品と被るところがあり、こんな感じなのかとの雑音とも言える「先入観」
で読まなかったし、観なかった。
疲れきって後は寝るだけのわずかな時間ではそこまで如何せんいつものような
考えが及ばず直感的に少し観てみようと思ったところが久しぶりの「当たり」である。
作品世界での「蟲」の存在説明もどことなく諸星大二郎の「異形の者」の世界観に
近いような気がするし、(手を例にとって中指の先が人間でありその指を腕まで遡ると
菌類や細菌、蟲は心臓辺りの存在という説明が妙に納得させられる)
1話完結のスタイルも良いし、明治とも昭和初期ともつかない時代設定や
(毎回、登場人物は少なく、和装である)
主人公の蟲師「ギンコ」のぶっきらぼうな物言いも気に入った。

さてそろそろお楽しみの時間がやってきたのでブラウン管を(もちろん現在は液晶である)
前にささやかなお楽しみの時間がやってきたようだ。ということで本日はこの辺で失敬!

因みに・・・
この作品、オダギリジョー主演で実写映画になっているらしいがそれは観ないでおこう。

蟲師「ギンコ」さん!
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply