蒲田行進曲?!

Category中央・港・品川・大田
一年前まで「東京以北」だの「大阪以西」などの範囲で動いていたのだが、
ここに来て「中央区・港区・品川区・大田区」というミニマムな
活動範囲に変化した。
かといってボリューム的には、さほど変わらないので
さすがは「花の都東京」と思ったりする。
そしてここのところせっせと下町からこの地区に通っている訳である。
久しぶりに都内の地下鉄、JR、私鉄に好むと好まざると乗り放題なので
車内で見かける色々な人々のバックボーンなどを想像して楽しんでいる。
長身で競馬新聞と文庫本を片手に持ち30年物のレッド・ウィングの
「アイリッシュ・セッター」を履いた川畑康成似のご老人を見ては
もしやこの人は物書きなのでは?とか放課後には早い時間に乗っている女子高生を
見てはこれから渋谷にでもエスケープするのだろうかなどと考えては
ほくそ笑んでいる日々なのである。

私のそうした最近の日々の中でのキーステーションは二つ。
「銀座」と「蒲田」である。
「銀座」のことは以前から良く書いているので今回は割愛し、またの機会にする。

大田区蒲田・・・
このあたりは先の大戦での空襲を逃れた地域なので前時代の香りが
漂い、間口の小さな商店や昔ながらの町工場がひしめいている地域だ。
そして何よりもこの街はどうしようもなく「猥雑」なオーラを放っている。
ごちゃごゃしている風景のトーンも今日のような雨模様だといつにも
増してどんよりとグレイだ。
心の中では再開発をして(1部でははじまっているが)何もかもきれいにしてしまえ!
などと思いながらもその「猥雑」さにどこと無く惹かれる自分がいる。
「銀座」とは対極にありながらどこか憎めない街なのである。
(因みにユザワヤの発祥の地はここである)

ここには電鉄3社、4系統の路線が乗り入れている。
いわずと知れた「JR」に泉岳寺から横浜、横須賀を経由してペリー来航の浦賀・三崎口まで
行く「京急」(京浜急行)そしてまさに「東京ローカル線」の
東急(東京急行)多摩川線と池上線だ。

そぼ降る雨の中、本日は「東急」多摩川線の矢切の・・・もとい
「矢口渡」(やぐちのわたし)と「京急」の「梅屋敷」で降りる。
もちろん商用であることは言うまでもない。

矢口渡駅。

梅屋敷駅。

どちらの駅も蒲田のとなりである。
(梅屋敷はJR、東急の駅から700m離れた京急蒲田駅ではあるが。)
まさに「23区ローカル」な駅のたたずまいである。

実はこの「梅屋敷」には10年前にやはり商用で通っていた時期があった。
(それなりに厳しい仕事であったが)
その頃この駅周辺はもっとごちゃごちゃとオモチャの街のような様相を
呈していたのだがなにやらしばらく訪れなかった間に「蒲田駅周辺高架化計画」
なんて名の元に1国(国道1号)側が再開発されようとしていた。
周辺の「猥雑」さに嫌悪しながらも心のどこかで惹かれていた私には寂しい限りである。
(既に登り方面のホームは高架の上にある)

しかし、反対側の商店街は手付かずで10年前から気になっていた喫茶店も
健在なので少し安心した。

それにしても琵琶湖ってwww

「珈琲琵琶湖」!
梅屋敷で琵琶湖とはこれいかに!
未だに入る勇気?!が無いのでその名の由来は謎のままである。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment