ボクトワタシノアカルイミライ・・・

CategoryざつだんDeGoGo!
昭和40年代に少年・少女時代を過ごした方たちにはその後迎える21世紀には素敵な
未来がやってくるであろうと信じて疑わなかったのでは無いだろうか?

かくゆう私もそう信じて疑わない少年だった。

宇宙ステーション!

巨大ホバークラフト!

昭和の名ボックスアート画伯が描く宇宙ステーションや大型ホバークラフト客船の
扉絵に夢見た「アカルイミライ」・・・

いざ蓋を開けると21世紀の世界は「停滞の季節」を迎えて先には明るい空が
見えずに薄暗い曇天が続いている。
しかし、それを悔やんでも仕方が無い、周りが変わらなければ自身を変えるほか無いのである。

少なくとも心の中は晴天で過ごして行きたいものである。


そしてそのちょうど同じ頃、共産主義体制下のソヴィエトでロシア人の「ボク」も当時唯一発行されていた
子供向け科学雑誌の表紙を眺めながら「アカルイミライ」を思い描いていたにちがいない。

CCCP
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment