Bootsって日本に進出してたの覚えている?

Categoryざっか、ふぁっしょんDeGoGo!
ノッティンガムが発祥で国内に1400店舗ありイギリスでは「マツモトキヨシ」並みに
有名なドラックストアが「Boots」である。
そしてこの「Boots」は1999年から2001年にかけての短期間ではあるが
日本に進出してきた時期があった。(東京・神奈川に4店舗)
日本進出に当たって「マツモトキヨシ」との差別化を図るため若干の「高級感」を
売りとして全面に出したため、それがかえって不評で即撤退という運びになった。
(本国では、けして高級ということはない店なのだが)

当時、たまたま商談帰りの曇天の銀座にて今にも泣き出しそうな空に
傘を買おうと店を探し、たまたま「Boots」銀座店のオープニングに
出くわして、軽量折り畳み傘を買った。
確か¥900だったと記憶している。今だけ使えればと考えると少々高いと思ったのだが、
傘自体の質感と傘入れのケース?!のセンスが気に入ったので購入した。
(用途だけを考えれば同じような軽量折り畳み傘はそれこそマツキヨにて
¥500ぐらいで買えたのだが・・・)

イギリス人は我々日本人に比べると1つの物を長く使うという国民性がある。
(我々日本人も以前はそうであったが、高度成長期の大量生産・大量消費の時代に
そんなことは忘れてしまったようである)
なのでイギリス製品の(車しかり、家具しかり、)その辺は質実剛健だ。

風雨の強い日に風をまともに受けてバラバラになってしまう軽量折り畳み傘
が多い中、この「Boots」の傘は華奢なようで意外と風に強いのである。
空模様が怪しいといつも鞄に入れて持ち歩き雨が降れば使用してきた。
もう完全に元は取れいい加減新しい傘が欲しいのだが、ここまできたら
短命に終わった日本での店舗とは違い13年使ってきたこの傘があとどれくらい持つか
(直せれば直して)完全に使えなくなるまで使ってやろうと思っている。

Bootsの折りたたみ傘!
因みに青いロゴの部分がBootsのブラントマーク?!である。
スポンサーサイト

2 Comments

某職人・・・。  

おはやうございます・・・。

え~・・・僕も自分の周りを見渡してみれば、15~20年モノ(アイテム)がゴロゴロしておりました。

スニーカーなんか未だ学生時代の持ってるし・・・。(⌒ー⌒∂;;

つか・・・年に1回くらい?履くし・・・。(* ̄m ̄)ププッ

2012/02/19 (Sun) 10:30 | EDIT | REPLY |   

軍曹殿!  

某職人くん>

そういえばわたくしも二十歳くらいの時に購入して
一度も履いてない「スニーカー」が何足かあるなぁ。
金は無いけど物持ちだなんで・・・

2012/02/20 (Mon) 14:28 | EDIT | REPLY |   

Post a comment