Love Is Ueno!

CategoryでんしゃDeGoGo!
ピンクレディーの人気が絶頂を極め、沿岸200海里の経済水域問題が報道されていた
1977年当時、紅顔の美少年?!だった私は初めて1人で上野を訪れた。
それまで都内といえば父親につれられて行く楽天地(錦糸町)での「東宝チャンピオンまつり」
「東映まんがまつり」ぐらいだった私にはちょっとした冒険だった。

最寄だった「北浦和」から京浜東北線の乗り換え無しで40分、「キューポラのある街」
(川口)を横目に荒川を渡って都内に入り、下町の風景を車窓に映しながら上野に到着する。
真っ先に訪れたのが、「中田商店」もちろん現在でも健在のサープラスショップの
先駆けである。当時、首都圏では夕方からの再放送「コンバット!」が
第2次ブームであり、(月~金)学校では前の日の放映についてサンダース軍曹が、
ヘンリー少尉が、リトルジョンが・・・ってなことを話題にして校庭の水飲み場に隠れて
「チェックメイトキング2!チェックメイトキング2!こちらホワイトロック!」
なんてやっていたものである。
(実際はホワイトルークの吹き替え間違い、チェスだからね!)
そしてそれだけでは飽き足らずどうしても分隊の皆が着ているM1941
フィールドジャケット(レプリカ)が欲しくてその年のお年玉を含めた
全小遣いを握りしめ訪れたのが最初である。

それから30余年、上野の街は色々な変遷を遂げながらも基本的には
変わらないアメ横を中心に現在もある意味カオスでありつづける
私にとってはかけがいのない遊び場なのである。

上野路地裏。

アメ横からスカイツリーを望む。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment