新宿、吉祥寺、そして「武蔵野日記」

CategoryさんぽDeGoGo
新宿の目

朝、いつもより早く起きて午前中新宿で所用を済ませます。
久しぶりに「新宿の目」の前を通りました。
西口地下広場にあるこのオブジェは1969年の作品で、
フォークゲリラや西口再開発等の新宿の変遷を見つめてきた
「目」です。

わたくしの好きな「諸星大二郎」(漫画家)氏の作品にちらちら出てきます。
氏の代表作「妖怪ハンター」シリーズにも出てきたような気がします。
この目が異世界の入口になっていたり異形の者の通り道になっていたり
しています。
確かにこの「目」を前にしているとその瞳の奥に何かが蠢いているんじゃ
ないかとの錯覚に陥るほどインパクトがある作品です。

そして吉祥寺へ・・・

JR吉祥寺駅


井の頭公園

はるばる屋

ハモニカ横丁

実は8月から3ヶ月間、平日は吉祥寺に通うことになりました。
現在の我が家からJRを乗り継ぎ1時間強の距離にある吉祥寺ですが
この街は20代前半のわたくしの残像が見え隠れする場所です。
この街でまた新たな「出逢い」や「発見」が待っていることにワクワクしながら
20数年前に完結?!した「武蔵野日記」の新章が始まることを
期待しているわたくしなのでした。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment