FC2ブログ

いざ!鎌倉(扇谷っ!)

Categoryお城同好会
この日の天気予報は雨だったんだけど、鎌倉上洛って事で薄日が差すほどの空模様で
さすが八幡大菩薩の御加護を受ける越谷党(Works)である。
鎌倉駅前でレンタサイクルを借り、樋口"左衛門尉"隆晴のナビゲーションで室町的鎌倉観光?!
の始まりである。
(平均年齢半世紀を越えるこの面子ではもちろん電動アシスト自転車である、苦笑)

左衛門尉のチョイスはさすが、その筋の物書きだけの事はあるのだが、こいつその割には
地図の読み方が滅茶苦茶で行き過ぎだの間違えだのが多い。それに加えてパスファインダーという自覚も無い。
「我がが、我がが」って所がだだ漏れである。(私も人の事は言えないんだけど)
我々がベルリン爆撃のアブロランカスター隊だったら全機ルフト・バッフェ(ドイツ空軍)に返り討ちである。
そんなこんなでハプニング続出で色々見て回ったのだが(画像ほとんど撮って無いんだよねぇ)
公方(私)的には一番見たかった所はココ!

扇谷っ!

扇ガ谷(おおぎがやつと読む)2丁目にある扇谷上杉の屋敷跡。
上杉ってなんたら上杉ってのがいっぱいあって訳がわかんなくなるんだけど「扇谷」って
冠?!の文字がなんとなくカッコよかったんで(当時は、今はわかるよ、笑)その史跡を見てみたかったと。
私はこれだけでも鎌倉に来た甲斐があると断言しよう!w
でもそれだけでも寂しいし、「俺たちの朝」感も味わいたいので江ノ電に乗って極楽寺へGo!楽寺(苦笑)

江ノ電車輪止め

極楽寺駅。

極楽寺駅を降りてと言ったら必然的にココになる。

稲村ヶ崎1

稲村ヶ崎2

稲村ジェーンもとい、稲村ガ崎である。
ここは、かの根津甚八もとい、「新田義貞」が鎌倉攻めの時に太刀を海に投げ、海神様に
お願いして岬沿いに進撃路を開いてもらった場所である。
(当Blog「大新田」参照のこと)

まぁ、車で通った事は何度でもあるけどその頃は「太刀と弓」より「火薬と薬莢」だったんでね。
この頃になると空模様は怪しくなってきて小雨もパラパラ落ちてきたんだけどここが最後の訪問地
だったんでまぁ良き日じゃった、良き日じゃった。

追記
この後「軍議」という名の酒盛りが赤橋守時自刃の地「大船」であったんだけどそれは別のお話。

(2020.01.27)我々越谷党(Works)の機関紙(同人誌)のHPができました。
これからの発刊予定や、越谷公方出没情報(笑)等がわかるので各々方寄ってらっしゃい、
見てらっしゃい!

武士ライフHP



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment