FC2ブログ

常陸国お城放浪記5.41(おまけ)

Categoryお城同好会
もう既に「常陸国」には3ヶ月ぐらい訪れていない。
どちらかと言えば「上野国」の方が最近メイン?!になりつつある。
ってな訳で前回の「北新波砦」から約1.5km程離れたところにある「来迎寺」には
長野氏累代の墓があるので手を合わせに行く。
(詳細は案内看板の画像参照の事、笑)

長野氏累代の墓案内看板。

長野氏累代の墓の碑。

長野氏累代の墓。

なぜ、手を合わせに行ったかと言うと、この長野氏及び箕輪城関連で軽い記事を1本書かせて
頂いたからである。
手を合わせ心の中で御礼をして暫くの後、一転空は搔き曇り真っ黒になって雷鳴は轟き、
滝のような雨が降ってきた。
「ん、何かまずい事したかな?くらばら、くらばら」と…ってそれって菅原道真じゃん!
って思った瞬間、「ドドーン」と雷が落ちて目の前の信号の光が消えた。
少しすると消防車やパトカーの音がけたたましく響いて土砂降りの中、警官が手旗で交通整理!
幸いにして私は最寄りのインターにかなり近づいていたので大渋滞は避けられたが、この日の
高崎・前橋は信号の事も含めニュースになったぐらいの雨量と雷だったらしい。
やっぱりなんか長野さん怒らせる事したかなぁ。おれ!

追記
菖蒲(埼玉県)に帰ってくる頃には雨も止み始め空には虹が。
今日(この日)はついてるんだかついていないんだかわからん!

オーバー・ザ・レインボー!!


スポンサーサイト



2 Comments

こまいふ  

>やっぱりなんか長野さん怒らせる事したかなぁ。おれ!

ノン、ノン、ノン
この時期これっくらいのカミナリは北関東じゃアタリマエー!

「これは地球の雷というものだ。前に見たことがある」

                    by ランバ・ラル

2019/08/22 (Thu) 20:27 | EDIT | REPLY |   

軍曹亭@越谷公方  

こまいふくん

昔はそこまで滝のような雨は無かったような。
気候帯が少しずつズレてるんだろうねー。

2019/08/23 (Fri) 07:06 | EDIT | REPLY |   

Post a comment