FC2ブログ

常陸国お城放浪記1.5(千葉だから番外編)

Categoryお城同好会
「別に鎌倉に居なくても今、おれが立っている所が古河でココが世界の中心なんだよ!あぁ⤴︎」
と言って憚らない?!「鎌倉公方」改め初代「古河公方様」こと足利成氏(しげうじ)の筆頭家臣が「梁田氏」
(やなだし)で関東の二大水系と言われる常陸川水系(現在の利根川中・下流部)と旧利根川水系
(権現堂川・庄内古川・古利根川)の接点で要衝の「関宿」(千葉県関宿町、現野田市)に
構えた城が「関宿城」である。
この辺は現在、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木が入り乱れている地区であり、「日本のEU」とも
言われている地域である(私が勝手に命名してるんだけどね)

戦国初期の関東勢力図。

関宿城配置図。

関宿城博物館。

千葉県立関宿城博物館はお城っぽい造りなのだが、ココが関宿城跡ではない。
平成七年に開館したこの博物館は「河川とそれに関わる産業」をメインテーマにしているので
戦国系の展示はわずかなのだが、そのメインテーマの部分での展示も充分に楽しめる所だ。
館内の展示物の撮影はOKなのだがインターネットに公開は「NG」との事で建物外観の画像しか
載せられないのは残念である。
この日は前日にかなりの雨量があったので足元が悪く「背広と革靴」の私はこの博物館の
先にある、「関宿城」城跡には行けなかった。

博物館天守閣から関宿城跡を望む。
(画像提供、©︎H左衛門尉)

博物館4Fの天守閣から見ると城跡はこの辺になる。
そして、前回の「守谷城」城主の「下総相馬氏」と一緒に「河越夜戦」にて
河越城城壁に食らいつき果敢に攻撃を敢行する図がこれである(笑)

がんばれ!相馬くん!梁田くん!

がんばれ!相馬くん!梁田くん!ってなわけで順当に行けば?!次は「古河城」??

おまけ。

左衛門尉討死〜!

一方その頃「サムライフェスin相馬2018」では、
「H左衛門尉殿、討死〜!」って相馬まで行って何やってんだお前・・・
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment