FC2ブログ

興国寺城参る!

Categoryお城同好会
ミュージシャン時代、色んな事でラリって曲を作ると傑作?!が産まれるなんて
誠しなやかに言われていた事もあり・・・
なんで今回は昼酒で思考が定まらない感じで更新。
(今回も前回に引き続き「H左衛門尉」出演)

おまえはクルト・マイヤーかっ!

(写ってるヤツ(笑)には承諾を取っているんですが、撮影した方には写ってる本人も連絡がつかない
らしく・・・問題があればすぐ削除しますので。でもって決してモデルが良いんじゃなく、写真の
構図クオリティが高くてソフトフォーカスでポートレイトのお手本みたいな感じがgood!
でっ!左衛門尉は顔付きがもう戦国のそれ?!なんだけどさっ!)

仕事で静岡に打ち合わせに行かなくてはならなくなり、どうせ行くなら空き時間で近くで良い城はないかと。

軍、「明日、静岡の富士(市)に行くんだけど、どっか面白い城はねーのか?」
H、「なら、近くに興国寺城があるな、発掘作業は終えてるし軍曹ぐらいの城攻め足軽級?!には
ピッタリだな、何度も言ってるけど建屋が残ってる城を有難がってる内はビキナー卒業できねーからな!」
軍、「足軽ってお前、ほんとに失礼なヤツだな。前回の石神井城の時はおれの想像力?!が追い付かなくて
お前の脳内妄想上映機の独断場だったけど、今回は大丈夫なんだろーな?」
H、「おう!つーかどっちかって言うとお前の方が失礼だよ!」
まぁ、どっちもどっちで面倒くさいおっさん達には違いがないのだけれど。

てな訳で沼津の「興国寺城」へGo!

興国寺城!

興国寺城2!

興国寺城3!

興国寺城は「戦国の山師」(私が今考えたのだが)の異名を取る北条早雲
(鎌倉時代の北条氏とは全然関係無い)の最初の城として、その筋?!では有名な城である。
岡山生まれで京都で今風に言えば官僚だった伊勢宗瑞(北条早雲)が今川のお家騒動に乗じて
手に入れた言わば、「都落ちしてきたオレ様の逆襲」の始まり第一手なのである。

興国寺城4!

興国寺城石積み。

興国寺城天守台!

天守台跡も石垣も残っていて「H左衛門尉」の言う通り、なんとなく私の妄想上映機でも
城郭の様子が想像できる。

東側土塁。

西側土塁。

北条早雲の東国浸透はここから始まったのだが、未だ現在進行形のおっさんの「逆襲の第一手」は
どこから始めようかと思う酔っ払いの休日の午後なのであった。

興国寺城跡。。



おっと!これは伊勢違い。こっちは伊勢は伊勢でも「伊勢正三」だよ!


追記(2018.04.23)

記念すべき?!私の薄っぺらコラム連載第2回目の「コマンドマガジン」が出ました。
そのうち特集とリンクするとは思います。

コマンドマガジン#140!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment