オードリーを救いに遠すぎた橋に向かう2(Market Garden 2016)

CategoryうぉーげーむDeGoGo!
「Arnhem」!

前回遊んだ「ドイツ装甲軍団 マーケットガーデン」は補給権ルールなどのギミック
があって良く出来たゲームだとは思うのだが、戦術野郎Aチーム(笑)の私としては、
「ナイメーヘン」と「アルンヘム」の間が1へクスしかないと遠いんだか近いんだかが
わからないので、もう少しズームアップしたマップのフォリオシリーズの「Arnhem」
で再びオードリーを迎えに行くことにする。
(マーケットガーデン作戦は1944.09.17開始、09.25撤退なのでまだ行けるっしょ)
ってなわけで前回独軍をやってもらった「HAくん」が主催しているソフィアゲーム
クラブ
におじゃました。

アルンヘム近郊!

ズームアップした分、「はい!ここに降下ね!」と簡単には行かず、ちゃんと?!降下地点を
決めてそこからどれだけずれるかダイスロールで判定する。

空挺降下!

レッド・デビル!


英第1空挺師団、米第82空挺師団、米第101空挺師団ともお手本のような落下傘降下で
ほとんど思ったところに降りられ、降下時の損耗もほぼ無かった。
(きっとオードリーも窓際で「まぁ、きれい!お空にお花が咲いたようよ、お母さん!」
と言ったに違いない)

この「フォリオシリーズ」なのだが、通常の「作戦級」ゲームと違って「浸透」ルールが
あって敵ZOC内でも歩兵ユニットは全ての移動コスト、機甲ユニットは移動コストの半分を
使って1へクス移動できるルールがあって前回と違って戦術野郎Aチームな私としてはかなり
プレイしやすかった。

ナイメーヘンを82空挺が、がっちり占拠し、レッド・デビル(英第1空挺)もなんとか
アルンヘムに取り付き(フロスト中佐の部隊は史実通り損耗しちゃったが)序盤1ターン、
2ターンの独軍混乱に乗じて英第30軍団の先発隊がスルスルと独軍部隊を交わしナイメーヘン
の橋をすんなり渡って(30軍団の後発隊は独機甲部隊に抑えられて思うように進撃
できなかったが)8ターンに勝負を決めた。
(ポーランド空挺も1/6の確率でドンピシャな降下を見せてくれた)

ミッションクリア!

そしてヒギンス先生は見事ムーンリバーを渡ってイライザ(オードリー)を救い出し、
2人仲良く暮らしましたとさっ。めでたし、めでたし!
って事で相手をしてくれた「Sくん」(sinちゃん)スペシャルサンクス!


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment