Teddy!(Strategy&Tactics #258)

CategoryうぉーげーむDeGoGo!
Teddy!

テディベアの語源で歴代大統領の中でアメリカ人に今でも人気がある、
「セオドア・"テディ"・ルーズベルト」最近の人たちには映画
「ナイトミュージアム」での騎兵姿の優しいおじさんのイメージが
あると思うのだがあの「蝋人形」は彼の若き日の軍人時代、
「Rougt Riders」(荒馬乗り、第1合衆国義勇騎兵隊)を率いていた
「米西戦争」の頃の容姿である。
(ロビン・ウイリアムスには改めて合掌。)
そして我々日本人には「日露戦争」の戦後処理「ポーツマス講和条約」の
仲介役として社会科の授業で耳にした事がある人物であろう。

Teddy!2

ロビン・ウイリアムス!

さて、ここからが本題なのだが関東地方に11年ぶりに台風が上陸した今日、
オークションにて落とした「Strategy&Tactics」258号「The Santiago
Campaign」が届いた。
先に書いた米西戦争1893年の「サンチャゴ攻防戦」をテーマにした
ゲームでもちろん「テディ」のユニットもある。

S&T#258

S&T#258ユニット!

この雑誌は私のウォーゲーマーとしての失われた30数年の間に日本に
入ってきたので復帰?!してからはそのノスタルジーからか80〜90年代
に出た物を中心に気が向いたらコレクトしてきたのだが、この号は2009年
で比較的最近に出た号なのでユニットのデザインも昔に比べれば洗練された
デザインになっていてシミュレーションウォーゲームも例外では無く進化を
しているのだなと実感した。

バリアントユニット!

この号には本題?!のゲームのユニットの他に以前の号のバリアントユニット
やエラーユニットの訂正が付いていてそのユニットの中に「カスピ海の怪物」
こと「エクラノプラン」を見つけたのだが・・・
この号のゲームが俄然気になる。(それにしても件のサンチャゴも含め
この号はユニットだけ見ると古代から現代までバラエティに富んでるなぁ)



Teddy!3

それにしてもいい笑顔だぜ!テディ!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment