在来線爆弾!(シン・ゴジラ 映画日記 2016.08.13)

CategoryえいがDeGoGo!
シン・ゴジラ

「継続は力である」あーだーこーだと言ってもやり続けていれば既存の
色々なものを切り貼りしたモノもその接着面が馴染んできて、唯一無二の
「オリジナル」に化けたりもするものだ。
(今をときめく音楽、ファッション、映像、文学は昔のモノの影響を
すべからく、そして少なからず受けているのだから)

周りが、みんな観に行っている中やっと時間ができた。
「シン・ゴジラ」(2016年公開)をレイトショーにて視聴。
巷で言われている「エヴァ・ゴジラ」はその通りなのだがその「エヴァ」
が「オリジナル」になった今、別にそれはそれで監督の個性という事で
良いんじゃないかと思う。細かい事は抜きにして私は楽しめた。

ゴジラ映画の不文律を守り、怪しい外国人(日系人、笑)が出てくる所も
古き良き昭和東宝怪獣映画の流れとして踏襲している。
映画師匠の「S叔父貴」にも呑んだ席で感想を拝聴したのだが、その辺は
一緒で私も師匠に1歩近づけたと言ったところだろうか。
(師匠は劇中、政府の対応が鈍いとの批判が出るシーンがあるが、「3.11」
の時に比べたら随分融通が利く政府だよ。と皮肉を言っていたが)
そして、今回でやっとゴジラも「平成ガメラ」に追い付けたんじゃ無いか
と思った夏休みの1日だった。
(まぁ、かなりスタッフ、演者が被っているのだが)

余り細かく書いてもネタバレになるし、まだ観ていない数少ない?!読者
諸氏も居るとは思うのでこの辺で止めておくが、私が1番気に入ったシーンは
今回の「表題」である。


スポンサーサイト

4 Comments

しろくろshow  

こんばんは。

>>ゴジラ映画の不文律、怪しい外国人

あ、確かに言われてみてなるほどなと思いました。そういう位置づけだったんですねアノ人は( ̄▽ ̄;)

2016/08/15 (Mon) 21:36 | REPLY |   

軍曹亭!  

しろくろshow殿

やっと観に行けました。
そうですね〜!モスラで言ったら「ジェリー伊藤」みたいなもんです(笑)
それにしてもいつも使っている「在来線爆弾」豪快でした。

2016/08/16 (Tue) 00:24 | EDIT | REPLY |   

serpent sea  

表題のシーン、やっぱ衝撃的でしたよね! あれ見た時、呼吸止まりましたもん。
鉄道好きな人に感想聞いてみたいけど、怖くて聞けないです。
自分はヘリのシーンが良かったです。何やっても全然効かないのが切なかったですけど。

2016/08/19 (Fri) 19:49 | REPLY |   

軍曹亭!  

serpent sea殿

いらっしゃいませ!
ヘリのシーンも良かったですし、多摩川沿いに並んだ
10式も良かったです。
鉄道好きの方は返ってあの展開に「萌えた」んじゃないかと・・・
フィクションですから。。

2016/08/20 (Sat) 10:11 | EDIT | REPLY |   

Post a comment