好きにならずにはいられない(映画日記 2016.07.24)

CategoryえいがDeGoGo!
好きにならずにはいられない!

いくらなんでも「43歳、デブ。オタク。ドウテイ。」は無いだろう。
(そうなんだろうけど、書いちゃうのはねぇ)
「そこからのストーリー展開がね」って事で狙っているんだろうけど、
この日本版のポスターはいかがなものだろうと個人的は思うのだが。
(本国アイスランド版はこのピンクの落書きが無いヴァージョン)
という事で「好きにならずにはいられない」(2016年日本公開)を
たった今、レイトショーで観に行ってきた。

先日、ここの所良く話題にしているミニチュアウォーゲーム
「FLAMS OF WAR」で私の相手をしてくれた以前、某ミリタリー
雑誌の編集部に勤めていた「Nくん」からこのゲームがストーリー
の中で良いスパイスになっている映画があるとの話を聞いたので
早速、スクリーンに足を運んだという次第である。
大男で気が優しい空港荷物係の主人公「フーシ」の趣味がまさにこの
「FLAMS OF WAR」で上映開始2分で1/100の「グラント」(英国軍戦車)
が出てくる。このゲームを紹介してくれた「Sくん」の話だと日本に
アクティブプレイヤーが、10人ぐらいしかいないと聞いてはいるが欧米では
映画の主人公の趣味になってもそういう設定なんだなとスルー出来る位の
メジャーさはあるのだろう。

ストーリーは先の映画ポスターの主人公「フーシ」の切ない恋というか愛と
いうかってなお話なのだが、きっとこの上映回の観客の中で私が一番
みんなと違う視点でこの作品を観ていたのだろうことは確実である。
(作品自体の雑感を書くとかなり長くなるのでここではあえて書かないが)
なにせ、日本全国に10人ぐらいしかいないこのゲームのアクティブ
プレイヤーの中の1人が私なのだから。
北欧映画特有の間の取り方と独特な映像トーンでハリウッド作品のような
大団円は迎えないのだが、ラストシーンの1カットで
「色々あったけど良かったんじゃねーの」って私には思えたので主人公
「フーシ」の趣味等、細い設定がわからなくても、ビタースイートで
オフビートな恋愛映画として観応えのある作品なんじゃ無いかとは
思うのだけれどね。
(そういえば最近「北欧映画」ネタってここで結構書いてるなぁ。
デンマークとかノルウェーとかフィンランドとかって全部戦争映画だけど)

それにしても「エル・アラメイン」・・・私も行ってみたいなぁ。



追記
今回は珍しくパンフレットを購入した。
見開き1ページにわたって「FLAME OF WAR」等の説明が記述してあり
その筆者が「Nくん」の友人のライターとの事なのでその文面に興味が
あったからだ。
案の定というか、「FLAME OF WAR」を含むミニチュアゲーム人口の
増加、活性化を望む文章で実に微笑ましい?!

パンフレット!
スポンサーサイト

6 Comments

西新宿鮫  

さすがですねえ

実は私も今週、鑑賞予定です。こんなアイスランド映画よくチェックしてますねえ(^o^)

2016/07/24 (Sun) 21:32 | EDIT | REPLY |   

黒江龍雄  

なるほど

映画「好きにならずにいられない」。

ご自身のご趣味(しかも日本ではあまりいない)が映画に登場するっていうのは興味深いですね。
軍曹亭!さんならではの視点でも鑑賞でき、それをこうして読むことができてうれしく思います。

北欧の戦争映画以外では「トロール・ハンター」って映画を見ました。
モキュメンタリー映画で、楽しく見られました。

2016/07/24 (Sun) 22:42 | EDIT | REPLY |   

軍曹亭!  

鮫殿

この映画はほんとにこの間ミニチュアウォーゲームで遊んだ時に
教えてもらったんで。
カウリスマキ兄弟辺りから「フィンランド映画」には注目してはいましたけど、
その流れで北欧映画もって感じで。。

いやー!年間100本以上観る鮫ちゃんにはかないませんよ〜!
レイト行ったのも久しぶりですしね。

2016/07/24 (Sun) 22:43 | EDIT | REPLY |   

軍曹亭!  

黒江龍雄殿

北欧の戦争映画以外では・・・
やっぱり黒江殿も「北欧戦争映画」観る人なんですねぇ。
そんな気がしました(笑)

PS
「シミュレーションウォーゲーム」に復帰?!する気が起きたら
いつでも言って下さいねー!お力になりますからwww

2016/07/24 (Sun) 22:57 | EDIT | REPLY |   

西新宿鮫  

というわけで見ました(^o^)

有楽町の映画館。何と鑑賞者4人。

ダイスの振り方が「本物のオタク」で驚きました。まだミニチュアだから何となく理解される気がします。作戦級でZOCボンドがどうこうだとまったく分からないでしょう(>_<)

関係ないけど、去年アイスランド旅行でこの空港でロストバゲージになったのを思い出しました(紛失ではなく1日遅れで到着)。

感想は映画のネタバレになりそうなので、今度呑んだときにでも。
ご指摘のように、ラストのワンカットが非常に重要ですね。九回裏ツーアウトから打ち上げた大飛球が青空に吸い込まれるような感じ。アウトなのかホームランなのかは、もうどちらでもいいという気持ちよいスイングを見るような(これならネタバレじゃないですよね)。

私的評価は4.0です。(^^)/

2016/07/26 (Tue) 03:15 | EDIT | REPLY |   

軍曹亭!  

鮫殿

九回裏ツーアウト・・・
さすが鮫ちゃん!良い表現ですねぇ。
でっ!「作戦級」だったら映画にならないよー!きっと(笑)
今度、呑んだ時に話しませう。。

2016/07/26 (Tue) 18:02 | EDIT | REPLY |   

Post a comment