No Surrender!(FLAMES OF WAR3!)

CategoryうぉーげーむDeGoGo!
Rising Sun!

Range Finder!

前回からの続きだが、このゲームは基本的なルールの他に各国軍に対しての
特別ルールとシナリオは別になっている。
上の画像はその特別ルールとシナリオが記述してあるものでその下が
距離を測るレンジファインダーと榴弾の威力範囲を示すプレートである。

レンジファインダーはインチ表示になっているので急遽、3ft計測の小さい物
だがスタンレー(最近は水筒が有名みたいだが)のコンベックスを手に入れた。
私は「インペリアルアーミー」を担当?!しているので特別ルールには
この手のゲームで遊んだ事が無い人でもある意味納得の「Banzai Charge」
(万歳突撃)や「No Surrender」(降伏はしない)などのおなじみ?!のもの
から「Kendo」(剣道)「Seishin」(精神)なんて首を傾げたくなるものまである。
まぁ、外人が作ったゲームなんでこんなもんだよなと。
とにかくユニットの方も指揮官はやたら「抜刀」ポーズが多いのもさすがの「外人
プロダクツ」だなと思ってしまうのは私だけでは無いだろう。

三年式&擲弾筒チーム!

全長20mmの兵隊に色を付けるのは「老眼」が進んできているお年頃にはかなり
キツい作業なのだが、たまに「擲弾筒チーム」などが混ざっていたりするので
「おお〜っ!」なんて言いながら作業に飽きないよう自らのテンション上げて
その部分も楽しむようにしている。

画像の「機関銃チーム」だが、ルールブックを見ると「Type3HMG」(三年式重機関銃)
とある。いくらなんでもこの頃(ノモンハン事件)はいい加減大多数がType92
(九二式重機関銃)
で三年式も改修されてるだろ!とツッコミを入れながらも外人さんが
作ったゲームだからなぁというかぱっと見この「2丁」は見分けがつかないからしょうがない
よなと心の中でつぶやいているのである。

ってなわけでサビが「No Surrender」というだけですが・・・


スポンサーサイト

4 Comments

黒江龍雄  

愛されんだぁ

「愛されんだぁ」ってのは駄洒落ではなく、米軍の我が軍に対しての投降勧告の仕方の説明でしたね。

さて、各国ごとの特別ルールっていうのも、この手のゲームならではですね。

エポック社の「マレー電撃戦」のモラルを数値化したものや「朝鮮戦争」の死守ルール等が印象的でした。

2016/07/04 (Mon) 23:06 | EDIT | REPLY |   

軍曹亭!  

黒江龍雄殿

実は、エポックのウォーゲームは最初の6タイトルまでで
あとは復帰してから知ったんですよねー!
「朝鮮戦争」の死守とマンセー突撃のルールは有名みたいですね〜

2016/07/05 (Tue) 21:10 | EDIT | REPLY |   

たけっち  

軍曹亭さん、こんばんは。

このフィギュアが20mmとは驚きました。
1/72のフィギュアでも塗りわけるの大変ですのに…
綺麗に塗り分けていらっしゃいますね。
向かって右手のユニットの、左側がてき弾筒兵でしょうか。

ブログのレイアウトやデザインもリニューアルされて、読みやすくなりました。

2016/07/06 (Wed) 22:34 | REPLY |   

軍曹亭!  

たけっち殿

いらっしゃい!
そうですね。1/72より小さいです。1/100なので。
このベース1つが紙のウォーゲームで言う1ユニットで
もちろん「擲弾筒チーム」と「重機関銃チーム」は諸々戦闘数値等が違います。
ドイツ軍、連合軍はもちろんの事「フィンランド」や「ルーマニア」
「ハンガリー」「イタリア」「フランス」なんかもありますよ。
(現代戦もあります)
どうです?おもしろそうでしょ?
東海地区ではまだプレーヤーが居ないみたいなので(私を入れて全国で10名弱の
関西で1人らしいので)この際東海地区のパイオニアになってみては(笑)

2016/07/06 (Wed) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment