Rumanian Victory!(Taman42)

CategoryうぉーげーむDeGoGo!
「そこは黒海とアゾフ海を南北に隔てるクリミア半島ケルチの対岸」
って前回と同じ書き出しなのだが、時は「戦争のはらわた」の前年、1942年で
撤退では無く「侵攻」である。

タマン半島概略地図

taman42!

タマン半島南部・・・


ひょんなこと?!から倉敷の友人よりかなりリーズナブルな価格で譲ってもらった
1942年のドイツ軍夏季攻勢「ブラウ作戦」でのルーマニア騎兵軍団によるソヴィエト連邦
タマン半島攻略をテーマにしたウォーゲーム、「Taman42」を早速プレイしてみる。
こういう時はフリーランスの「Sくん」が重宝する。(失礼!)私の我儘な思いつきにいつも
二つ返事で応えてくれる。「ああ、良いですよ。軍曹さん!」とフットワークも軽い。

今回は私がソヴィエト側を選択、「珍しいですねぇ~」との彼の問いに「この3つがユニット
になってるからだよ」と得意げな私。

装甲列車

河川砲艦

沿岸砲台

「装甲列車、河川砲艦、沿岸砲台のスリーカード!これぞ男の憧れ、これに萌えない
ヤツはいないだろ?」「なにいってんすか、何でもT34の砲塔、載せりゃいいってもんじゃ
ないでしょ。」
「そこがまた良いんだよ、河川砲艦なんて後ろにカチューシャが付いてんだせ!」
「あーはいはい!」ってな具合で時間の都合上4ターンまでしか遊べなかったが、稀に見る
チット引きの運の無さとダイスロールの裏目、裏目であっさり南側からルーマニア軍
騎兵部隊に突破されこの3つが活躍する前に負けが見える結果になってしまった。
うーん!おぼえてろよー!次こそ、このアイテムたちを使いきって勝つ!(負け惜しみ)

各ユニット!


追記
そういえば「チット」を引いてそのフォーメーションしか活動できないルールの
「ウォーゲーム」をプレイしたのは初めてかもしれない。
93年発表のゲームらしいが、この手のものも常に進化してるんだなぁと感心。
やはり30数年のブランクは簡単には埋まらない。


スポンサーサイト

2 Comments

コブライエンさん  

 ”河川砲艦”は、確かに怖いユニットそう。カチューシャ付きのT-34
だものね。
 ”装甲列車”は、パンッアーフロントbisで、的にしてやりやした!
タイガーⅠの88砲は、素晴らしい(ゲーム内でのはなし)!
 ”沿岸砲台”と云うか、火砲に対する榴弾が下手すぎるので、苦手でした。
(あくまで、ゲーム内でのはなしです)

2016/04/03 (Sun) 04:04 | REPLY |   

軍曹亭!  

コブライエン殿

このスリーカードは男のロマンが詰まったアイテムです(笑)
「パンツァーフロントbis」はTVゲーム(死語)をやらない私でも当時、これと「バイオハザード」はやりこみました。河川砲艦の資料はロシア語サイトには色々あるんですけどいかんせん「スパシーバ」「ダスビダーニャ」ぐらいしかわからないのでもどかしいです(苦笑)

2016/04/03 (Sun) 08:49 | EDIT | REPLY |   

Post a comment