軍曹亭!

軍曹亭!

BAR!

ライベン一等兵!

「BAR」(Browning M1918 automatic rifle)銃としてのスペック等は前回の
「予告」?!からリンクしてもらうとしてWW2映画のアメリカ兵分隊の中で必ず
1人は持って出てくる「分隊支援火器」である。
(この辺の細かな分類は実はイマイチ詳しくないのだが)
先の日記で触れた映画「プライベートライアン」での「ライベン一等兵」もそうなの
だが私世代だとこの銃を持って出てくるキャラクターと言ったら誰がなんと言おうとも
TVドラマ「コンバット!」の「カービー二等兵」以外考えられないと言っても
過言ではない。

カービー二等兵!

元々、伍長だったのだが、女絡みのトラブルで降格させられたというキャラ設定
なので分隊内での態度もデカイし、口調もいわゆる「べらんめぇ調」でその辺の
感じを羽佐間道夫氏が絶妙の吹き替えで表現している。
そして、そのガサツさの中にも人情深い律義さと男気溢れる行動力も相まって
まさにサンダース分隊の要、「BAR射手」のポジションがうってつけの野郎なのである。
その律義さ?!からかほとんどの「BAR射手」がタダでさえ重量がある(8kg強)
BARにバイポット(二脚)が付いた後期モデルA2のバイポットを外して運用していた
にも関わらず、(画像のライベンのBARにはバイポットが付いていない)
彼は劇中ほとんどバイポットを展開するシーンが無いのにバイポット付きだ。
そしてスリングをたすき掛けにして前に持ってくる保持の仕方をしているので射撃時に
スリングの長さが足りず若干斜めに構えて射撃するスタイルになっている。
これがまた私世代からみると実際このフォームで射撃精度はどうなんだという事は
別にして「カッコ良いぜ!元伍長!」って事になるのである。

BAR射撃ちう。

「BAR」についてと言いながらほとんど「コンバット!」の話になってしまったのだが、
そこは「雑感」という事でご勘弁を・・・



スポンサーサイト
最終更新日2016-02-23
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
たけっち  

軍曹亭さん
ブローニングBARとカービーの組み合わせは私も好きですが
常にバイポット付きだったのは気が付きませんでした。
けして大柄ではないカービーには、そぶりは見せないものの大変だったでしょうにね。
あのころの役者は、そういうことはおくびにも出しません。
BARは俺の最高の相棒だ、と誇らしげにしていた場面は今でも心に焼き付いています。

2016/02/23 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   
軍曹亭!  
たけっち殿

私が記憶している限りでは「バイポッド」を外して使っているところは
見たことありませんねぇ。たけっちさんは私より少しお若いので記憶にあるか
どうかはわかりませんが、私が小学高学年の頃に「コンバット!」が夕刻
再放送していまして(関東地区)学校から帰ってくるなりランドセルもそのままにTVの前に向かったものでした。嗚呼、昭和は遠くになりにけりです。。

2016/02/24 (Wed) 10:32 | EDIT | REPLY |   
コブライエンさん  

 私も「コンバット!」視てましたよ(^^)/。OH!カービー 。『鉄の男カービー』
夜中の再放送(一体、何回目の再放送になるのかは知らないけれど?)で、伝説のK中隊と
出会えはまりましたよ!「チェクメイト、キングツゥー。コチラ、ホワイトロック。」
とか、ドイツ兵達の「アメリィカァーナァ」とか、「カムシュネール!」「ハイフンダッ!」
など耳から離れません。
文句タラタラだけど、やるときゃやるカービーが理想の漢。サンダース様は神でした。
…ヘンリーは疫病神でした。が、大人になった今では、一番気の毒な中間管理職に見えて…。
涙を誘う存在に昇華しましたね。(t.t)

2016/02/26 (Fri) 22:32 | EDIT | REPLY |   
軍曹亭!  
コブライエン殿

ヘンリー少尉・・・
大人になると彼の苦悩がよくわかりますね。
まんま「中間管理職」ですから。
「ホワイトロック」の件は後にサンダースの「田中信夫」氏が「ホワイトルーク」の
間違いだったと言っていますよねぇ。「チェックメイトキングツー」でチェスだからって。

2016/02/27 (Sat) 14:26 | EDIT | REPLY |   
コブライエンさん  

 なるほど、勉強になりました。「田中信夫」氏はまだご存命中なのかなぁー。
気になります。ヘンリー、ケリー、リトルジョン、ウィリーの声の人達みんな、
昇天されたみたいですから。

2016/02/28 (Sun) 00:04 | EDIT | REPLY |   
軍曹亭!  

「田中信夫」氏はまだご存命のようです。
言われてみれば、みなさん鬼籍に入られていますね。
やはり、昭和は・・・ですね。

2016/02/28 (Sun) 11:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply