Welcome to my blog

軍曹亭!

軍曹亭!

どこの部署が間違えようと、謝りに行くのは「営業」である。
会社対会社では、その手の相手に対する窓口は全て営業なのである。
部下の物件でクレームが出て謝罪の最後の仕上げで客先本社に出向く事に
なった。そして、それがどのくらいのクレームかと言うと、いわゆる「とらや」の
羊羹級・・・と言えば解っていただけるだろう。
しかし、近所に「とらや」は無い。
ここは以前から気になっていた献上銘菓「たわら最中」だなと思い、部下に
「たわら最中買ってこいっ!」と叫びながらそそくさと自分で買いに行く。

献上銘菓たわら最中!

その足で電車に飛び乗り、客先の本社がある「宇都宮」に電車でGo!
客先は宇都宮に本社はあるものの地元では有名な某上場会社である。

こんな事で何度来ただろう宇都宮・・・

ベンチで一服。

約束の時間より少し早く着いたので駅前のベンチにて一服。
天を仰ぎ、冬の透き通った青い空に溶けていく煙草の煙を見つめながら考える。
「いつまでこんな事やってるんだろ?おれっ!」・・・
とは言うもののこんな事も仕事の内でこんな事もしなければおまんまは食えない。
思い直して客先へとトボトボ歩き出す。
1時間半かけて状況説明と是正措置の提示、そして謝罪。
なんとか客先には一定の理解を得て帰りの電車に乗り込む頃にはスッカリ陽は落ちて
席に座った途端にうたた寝、乗り換え駅の手前で気がついてなんとか帰宅。
背広を脱いで部屋着に着替え、お茶を入れてから鞄をゴソゴソ、

たわら最中本体?!

実は詰め合わせとは別に単品で買っていたのである。
唇裏に張り付く昔ながらの薄皮と中にドッサリ入っている甘さ控えめの粒あん、
献上品だけあって今の軽い茶菓子と違ってクラッシックな食べ応えのある最中である。
そしてこの日の粒あんはいつもよりほんの少しほろ苦い。
スポンサーサイト
最終更新日2016-02-04
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply