戦後70年 其の弐・・・

Category未分類
私の祖父と祖母

前回から10年以上遡った「横須賀詰め」の頃の画像である。
祖母と一緒だ。肩章がよく見えずらいのだが、画像から推測するに1等か2等兵曹で
善行章が四線であるので叩き上げの「下士官」ということになる。
(海軍は士官以上には襟章も付く)
海が無い会津出身の祖父と祖母の目に軍港「横須賀」での暮らしがどう写ったかは
今となっては知る由も無い。
私の一族は教師等の公務員が多いと前回書いたが、実は自衛隊員は1人しか居なく(伯父)
祖父の海軍での経歴の詳細や所属部隊などの事はその伯父しか知らないらしいので
機会があれば聞いてみようと思っているのだが、伯父も現在はかなり高齢なのでその機会を
逃してしまったらあちらに行った時に直接、祖父から聞くしか無いだろう。

戦後70年という節目だからという訳ではなく、1年に1度ぐらいは祖父や祖母を含め先祖の
事に想いを馳せてみるのも大事な事では無いだろうか。
などと思うような歳に私もなったらしい、年を取ったという事か。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment