僕と倉敷とウォーゲームと。

CategoryうぉーげーむDeGoGo!
倉敷市水島地区、大正年間に高梁川改修工事の完了を祖にさらにその沖合を
干拓してできた新開地である。昭和16年に三菱重工業の航空機疎開工場が
そして18年には三菱重工業航空機製作所岡山工場が建設され倉敷駅から同工場へ
臨海鉄道が敷設された。(現、水島臨海鉄道)
戦中の再三の空襲でその工場は破壊されたが戦後、その跡地は三菱自動車水島機器
製作所として再建し、今に至っている。

水島臨海鉄道倉敷駅

臨海鉄道車両

「水島」というと「おーい!水島ぁ〜!いっしょに日本に帰ろう!」ってなぐらいの
ボキャブラリーしか無い私なのだが、訪れるにあたって前記ぐらいのことは調べてみた。
シュミレーションウォーゲームという趣味に戻ってきてから急激に色々な方たちと
知り合う機会ができた。
今回の倉敷行きもその流れでのことである。
いっしょに同行したM氏は世間一般では「おっさん」のカテゴリーに入る年齢なのだが、
この世界?!では「若造」扱いで、もちろん私と比べてもかなりまではいかないが若い。
そのM氏と私自身は初体験となる「深夜バス」で前日の夜に八重洲を出て朝に大阪着、
新幹線と在来線を乗り継いでこの「水島」にやってきたのである。
そしてネット上でのやり取りしか無い人達とちゃんとお互い目を合わせて杯を交わし
ながら話をするのは楽しい。その楽しさを味わうためにはこれくらいの距離は大した
ことが無いと行ったところだろうか。

ストレートに「スナック街」ってのが潔い。

追記
実は肝心な部分の画像を撮りそこねているのでその内容自体も端折ってしまうという
暴挙?!に出ているのだが、その辺はご愛嬌。
しかし、このストレートで潔い「スナック街」の看板、次に倉敷を訪れた時には真っ先に
ここで呑もう!

美観地区の美の字にも触れなかった今回であるが、次回は全国の美味いものを扱っている
「平翠軒」を訪れ「日本のデニム発祥の地」でジーンズの1本でも買ってやろうかと。。

スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/22 (Wed) 00:40 | REPLY |   

軍曹殿!  

グダグダのBlogへようこそです。
またおヒマな時に覗きに来てくださいな。

2015/07/22 (Wed) 13:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment