スクリーミング・イーグル!

CategoryうぉーげーむDeGoGo!
101空挺師団ユニット!

101空挺師団ユニット其の2!

シュミレーションウォーゲームに復帰して間もないので所有しているゲームは少ない。
子供の頃から持っていて破棄?!していなかったゲームが数セットと年始から
ちまちまオークションで落としたものが数セットだ。
ゲームは違えどその中で頻繁に登場するユニットがこのユニット(たち)である。

「アメリカ軍第101空挺師団」
アメリカ軍に2つしかない空挺師団の1つで(もう1つは第82空挺師団)
1944年(ノルマンディ)以降の西部戦線がテーマになっているものだと
精鋭として色々な作戦に参加している部隊なのでそれに比例してユニットとして
登場してくる割合が高いのは当然の成り行きだろう。
マーケットガーデン作戦以降、(映画 遠すぎた橋、参照の事、笑)大規模空挺作戦は
実施していないが、その部隊の性質上、軽装備で敵軍の包囲下での作戦行動には
慣れているので通常の歩兵部隊よりも展開が早く使い勝手が良かったのかと。
当の部隊員達はたまったものではないのだが。
(バルジの戦いでは包囲下、擱坐した車両からマデュース(M2重機関銃)をかき集めて
それを使用する柔軟性もみせている。)

スクリーミング・イーグル!

師団章は「スクリーミング・イーグル(叫ぶ鷲)」101空挺師団は知らなくても
この師団章はアメカジ系のシャツやジャケットなどのパッチとしてかなり使われているので
目にする機会が多いのではないだろうか。
(鷲がモチーフだし、いかにもそれっぽいしね)

オールアメリカン!

そしてこちらがもう1つの空挺師団、第82空挺師団の師団章「オールアメリカン」
デザイン的にもスクリーミング・イーグルの方がカッコいいよなぁ。
ってなわけだかどうかはわからないが、この2つの空挺師団、ライバルなのだが
それ以上に仲が悪いらしい。

因みにこのユニット1つで画像、上から師団ユニット1万〜2万人、連隊ユニット2000〜
3000人、大隊ユニット500〜1000人になる。(画像2枚目)
シュミレーションウォーゲームで遊ぶにはそれなりの想像力が必要なのである。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment