FC2ブログ

軍曹亭日乗 byかめカメラ

ARCHIVE PAGE: 2019年09月

空にそびえる黒鉄の城〜♫(常陸国お城放浪記、番外編)

ってな訳で「岡山城」である。実はこのお城に来るのは10年ぶりで、その頃は欠片もお城に興味が無かった。(まぁ、blogには上げているので全くではないんだけどね)その頃に比べると幾分か知識が付いているので視点が変わって来ている。正直城主が誰だったかなんて当時はどうでも良かったもんな。そして10年前には登れなかった天守からの眺めを堪能する。岡山城は毛利との最前線に位置するお城なのでもちろん西側を見る。おおー!っ...
Category お城同好会
  • Comment 0
  • Trackback 0

鵯越の逆落とし!(ってホントに降りれたのかよっ!)

百聞は一見に如かず。地図を広げてあれやこれや話すのも、もちろん大事なのだけれどそこへ行けるのなら行ってみてこの目で見るってのが一番手っ取り早い。ダチで家臣の軍事ライター「左衛門尉」が7、8年前に記事にした軍事作戦としての目線での源平合戦前半クライマックス、九郎義経の奇襲で一気に形勢が決まった「一の谷合戦」をネタに図書館の一角を借りて喧々諤々と。「あー面倒くせぇ。見に行った方が早くね⤴︎」って事で記事の...
Category お城同好会
  • Comment 0
  • Trackback 0

常陸国お城放浪記5.5(下野国だけど)

両親が「会津」出身なので両親の里帰りのついでに子供の頃、夏休みに私からみると田舎になる会津によく預けられていた。東北道を岩槻(埼玉県)から(当時、東北道のスタートは岩槻だった)真っ平らな地形(関東平野)を小一時間、車を走らせると最初に見えてくる山々の辺りが佐野(栃木県)になる。子供の頃はここから始まる山地を車窓から眺めながらこれから訪れる会津での「ぼくの夏休み」に期待を膨らませたものだった。その栃...
Category お城同好会
  • Comment 4
  • Trackback 0

エル・アラメインのような。

「来年は阿弗利加だ!」と言ったんで予告通りの北アフリカである。去年の様に休みを取ってまでの製作は無かったもののやはりこれだけの量を裁く?!となると最終段階でかなり追い込まれる事になる。(ドイツ軍製作担当)ミニチュアウォーゲームってヤツは本来そのユニット製作段階から楽しいものなんだけど、やっぱり最後は少し涙目になった(苦笑)子供の頃の様に余暇時間のすべてをこれに使える訳ではないし、集中力も視力も年と...
  • Comment 0
  • Trackback 0

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド!

映画を観に行って速攻「サントラ盤」を買うなんて(しかも発売前だったんで予約して)35年振りぐらいじゃないだろうか。あの「シャロン・テート事件」をタランティーノが描くとこうなるって言うか60年代後半から70年代にかけての映画工房としてのハリウッドの情景が当時全盛だったヒッピームーブメントと相まって心の琴線にふれるのである。大鳥居の友人Kが「シャロン・テート事件をイングロリアス風味に味付けしてる」って言って...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 0
  • Trackback 0