軍曹亭日乗 byかめカメラ

ARCHIVE PAGE: 2017年03月

London's Burning!(Barbarians Rising 2)

紀元前にブリテン島に侵入していたローマはテムズ川沿いにケルト語で「沼の砦」を意味する「Londinium」(ロンディニウム)と言う名の町を作った。それが今の「London」(ロンドン)であり、やはりここでも以前からの住人、ケルト人達との間に軋轢が広がり、やがて反乱に繋がっていく。前回のゲルマニア(ドイツ)のゲームが終了後、舞台をブリタニア(イギリス)に移して「Boudica」(ブーディカ)をプレイ。ケルト人イケニ族の女...
  • Comment 0
  • Trackback 0

Barbarians Rising!

ローマから見れば「Barbarian」(蛮族)かも知れないが、彼らから見ればローマは傲慢で残酷な支配者でしかない。高校生レベルの社会科の知識でも「ローマ帝国」が千年帝国(東ローマ帝国時代を含め)だった事はわかる。千年も続けばその広大な支配地域から大規模な反乱の1つや2つ出てきても不思議ではないだろう。去年の9月に「ヒストリーチャンネル」で日本初放送したローマに牙を剥いた9人の反逆者たちの海外ドラマを視聴して...
  • Comment 0
  • Trackback 0

今更だけどハマっているんだともお。

小学校に入学するまで団地住まいだった。父親は若い頃、転勤族だったので、大阪は都島の団地から千葉の習志野の団地を経て浦和で持ち家になり以降浦和に落ち着く訳だが、「団地あるある」ネタもあってか今更ながら「団地ともお」にハマっている。「ビックコミックスピリッツ」で現在も連載中らしいのだが、「スピリッツ」も読まなくなって久しい。私が「スピリッツ」を定期購読していた頃は・・・こんなのや、こんなのを連載してい...
  • Comment 0
  • Trackback 0

スターリングラード!(映画日記 2017.03.14)

もはや、「スターリングラード」ものと言う映画ジャンルがあると言っても過言ではないぐらいの本数が出ているので表題だけではいつのだろうと少し考えてしまう。「スターリングラード 史上最大の市街戦」(2013年公開 ロシア)を視聴。映画「スターリングラード」と言うと大概「ジュード・ロウ」が凄腕スナイパーにして後のソ連邦英雄「ヴァシリ・ザイツェフ」を演じた(2001年公開)ものが1番メジャーだと思うのだが、私としては...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 0
  • Trackback 0

狼と踊れ!(Flames Of War 8)

先日作製した「Ferdinand」(Tank Destroyer)を早速戦線投入!お相手は以前書いた、國學院の学生くん達の中の2人で彼らは今、「ミニチュアウォーゲーム」に夢中らしい。その彼らのお父さん位の私としてはそんな子らが私の相手をしてくれる事に素直に嬉し楽しいと思った(私は子供がいないので)『巨象でも1頭しかいなければ当然の如く狼たちの群れにはかなわない。でもその前に老いた巨象はロシアの灰色熊(JSU152)を一撃の元に...
  • Comment 0
  • Trackback 0

霧笛(The Fog Horn)

急に「火星年代記」が読みたくなって本が詰まった段ボール箱をゴソゴソ。見つからず最初に出てきた「レイ・ブラットベリ」作品という事でビールを片手に斜め読み。世界3大SF(古典)作家は「アシモフ」「クラーク」「ハインライン」と言われるが、私は「レイ・ブラットベリ」もそれに負けじと劣らずだと思っている。ブラッドベリには先に挙げた3人には無い台詞回しの叙情的表現がまだ私の中に残っている「青くさい」部分に何か訴え...
  • Comment 0
  • Trackback 0

JOC!

前回の続きになるのだが…初めて「大学生のお兄さん」の家を訪れた1年後ぐらいに私と同じような経緯?!でお兄さんの家にたむろする小学生が5、6人になった頃、お兄さんが「ここまで人数が増えたんだかクラブ名を決めよう」と言うことになった。色々と小学生なりに知恵を絞るもののやはりお兄さんとはボキャブラリーの量が雲泥の差である。命名由来は遠い昔の事で忘れてしまったが、クラブ名は「Jupirer Operation Commanders」に決...
  • Comment 0
  • Trackback 0

シミュレーションウォーゲームのこと。

2年ぐらい前に子供の頃、夢中になったものをもう1度という事で「シミュレーションウォーゲーム」と言う趣味に戻って来た。現在「シミュレーションウォーゲーム」と言うと地図にへクスが書かれていて戦闘能力、防御力、移動能力等が記入してある紙の駒(ユニット)を動かし、各種ダイス判定を繰り返し勝利条件を満たすゲームのことなのだが、昔はその形態のゲームがまだ日本に本格的に入ってきていなかった。私が、この遊び(趣味)...
  • Comment 0
  • Trackback 0