軍曹亭日乗 byかめカメラ

ARCHIVE PAGE: 2016年04月

杉野〜!杉野はどこだー!(映画日記じゃねーよ)

日曜日、前日の疲れからか起きてから何もする気になれずドラマ「坂の上の雲」をイッキに視聴する。言わずと知れた「司馬遼太郎」の小説のドラマ化で2009年〜2011年の3年間に渡って年末に放映していたドラマだ。2009年の1部放映時には「東大阪」に在住していたのでこの機会に地元にある「司馬遼太郎記念館」に行ってみようなんて思っていたのに結局行けずじまいだった事を視聴しながらふと思い出したりした。松山生まれの「日本騎兵...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 5
  • Trackback 0

キャノン・ボール!(映画日記 2016.04.19)

ケーブルTVにてキャノンボール(1981年公開)吹き替え版を視聴。(確か中学生の頃、大宮に観に行ったなぁ。)この時代の「豪華スター」共演映画は字幕よりも吹き替え版に限る。(当時は映画館公開での吹き替え版なんてなかったけど)内容は言わずと知れた東海岸から西海岸まで制限速度、交通法規無視のチキチキマシン猛レース!今のご時世だったらどこからか文句が来そうなお馬鹿映画(と言ってもいいだろう)である。主役は男臭さ...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 8
  • Trackback 0

Rumanian Victory 2!(Taman42)

「そこは黒海とアゾフ海を南北に隔てるクリミア半島ケルチの対岸・・・」(ってしつこいぞ!)Kちゃん(当ブログ初登場、昨今人気?!の幕末ウォーゲームのデザイナー、私はそれで遊んだこと無いけど、笑)に付き合ってもらいやっと、最終ターンまでプレイ出来た。相変わらず私が「ソヴィエト側」で奮戦するも終了後のVP計算で勝利には及ばなかったがソヴィエト軍第38海兵師団のノボロシースクへの撤退と「沿岸砲台」部隊が強行上陸...
  • Comment 7
  • Trackback 0

パトレイバー 首都決戦(映画日記 2016.04.15)

パトレイバー 首都決戦(2015年公開)を視聴。言わずと知れたアニメ映画 パトレイバー2(1993年公開)のセルフリメイク実写作品で内容的には「ふーん、こんなもんかな」ってとこなのだが今まで「押井守」作品で「実写」と言えば良くも悪くも難解グダグダラストで終わる伝統?!からみればフリーク以外の人が観てもまぁ納得できるところが実はこの映画の凄い所なのである。これは進化と言って良いのか退化と言って良いのか?そこはな...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 2
  • Trackback 0

電人ザボーガーGo!(映画日記 2016.04.08)

小学2年の頃、私的に「電人ザボーガー」ブームがあってクラスメイトの「シガくん」がザボーガーで私が「大門豊」役だった。今、ふと考えると「シガくん」は「ごっこ」とはいえ私の言うことを聞いて動く役をしていたんだなと考えるとちょっと悪いことをしたと思う。(そんなに変な指令?!は出していないと記憶しているけど、やっぱ大門豊の方がカッコいいしね)そんな「シガくん」も今では立派なおっさんなんだろうな。3年で学校変...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 8
  • Trackback 0

Panzer Battles!(S&T#73)

数少ない以前からの「読者諸氏」には(今も相変わらず数少ないのだけれど)「おい!軍曹亭、最近は散歩や呑み屋や電車の話題が無いじゃないか!」とお叱りを受ければ「サーセン!」としか言いようが無いのだが、子供の頃好きだったモノでピタリと影も形も辞めていたものはこの分野だけだったのでその反作用?!は結構大きいということでご勘弁をお願いしたい。画像のゲームは去年の今頃、ネットオークションで落としたものだ。1979...
  • Comment 6
  • Trackback 0

そうさ!この世のドブさらい!

以前、このブログでも話題にしている漫画家「望月三起也」氏が昨日(3日)鬼籍に入られた。以前書いたものと重複する部分があるのだが、60年後半から70年代に子供時代を迎えた男の子?!としては残念でならない。何度も何度も言っているが「昭和は遠くになりにけり」で私自身も確実に「あちら」に近くなっているということだろう。氏は少し前に自らが「肺腺がん」で余命は半年から1年と宣告を受けたことを公表して、最後は「俺の新...
  • Comment 4
  • Trackback 0

Rumanian Victory!(Taman42)

「そこは黒海とアゾフ海を南北に隔てるクリミア半島ケルチの対岸」って前回と同じ書き出しなのだが、時は「戦争のはらわた」の前年、1942年で撤退では無く「侵攻」である。ひょんなこと?!から倉敷の友人よりかなりリーズナブルな価格で譲ってもらった1942年のドイツ軍夏季攻勢「ブラウ作戦」でのルーマニア騎兵軍団によるソヴィエト連邦タマン半島攻略をテーマにしたウォーゲーム、「Taman42」を早速プレイしてみる。こういう時...
  • Comment 2
  • Trackback 0