軍曹亭日乗 byかめカメラ

ARCHIVE PAGE: 2015年12月

眼下の敵(映画日記 2015.12.31)

年末の30日は必ず同級生達と顔を合わせ、杯を交わす事にしている。昨年のこの日に顔を合わせた1人が年明け早々鬼籍に入ってしまったので今年は彼を偲んで呑んだ。故人の思い出話に花が咲き、少し呑み過ぎてボーっとしている大晦日の朝である。今年最後は映画日記で先ほど視聴したばかりの「眼下の敵」(1958年日本公開、もちろん何度も観ているのだが)でこの2015年は閉幕としよう。言わずと知れた「潜水艦映画に駄作なし!」(例...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 8
  • Trackback 0

日本軍だからねー!(MEMOIR44)

堀場工房の堀場氏とメモワール44の「日本軍モジュール」を使って太平洋戦域の数シナリオをプレイしてみた。この「日本軍モジュール」は堀場氏の持ち物で以前購入してから1度も遊んだ事が無いという事で今回お互いのタイミングも合ったので遊んでみようと相成った。「日本軍愛」(一部ではかなり有名、笑)に満ち溢れている堀場氏がもちろん、日本軍プレーヤーで私が「物量」を誇りまさに「きんどーさん、米軍は良いもの食ってます...
  • Comment 2
  • Trackback 0

Soldiers 1918!

先日、ゲームマーケットで手に入れた「Strategy&Tactics」280号の付録ゲームをプレイする時間ができた。WW1(1918年)の塹壕戦を再現したこのゲームはユニットに数値表示もなく、戦闘結果も「効果なし」と「防御側殲滅」の2択しかない潔さでセッティング時の鉄条網沿いの米軍のギッシリ感と対称の塹壕にまばらな配置のドイツ軍そしてそれを援護するマキシム重機関銃班。炸裂する砲撃に火を吐く重機関銃!米軍は一歩一歩に多大な出...
  • Comment 0
  • Trackback 0

孤独のグルメ…風(駒ヶ根出張編)

時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、私は自分勝手になり、自由になる。誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。以下独白。おれは、腹が減って死にそうなんだ!おっ!来たぞ!うーんかなりの大盛りだ。では一口。ほーいいじゃないか、こういうのでいいんだよ、こういうので。カツは厚いが思ったほど硬くないぞ〜...
  • Comment 0
  • Trackback 0

沖田十三(おきたじゅうそう)2

久々の「大阪ストラット」編である。【沖田十三(おきたじゅうそう)】昨今は、新幹線が速いので大阪あたりまでは「日帰り弾丸出張」である。打ち合わせ現場は隣の駅だが少し早く着いたので数年ぶりに「十三」で途中下車してみた。前回訪れた時は大阪在住時で休日の昼間から線路横の飲み屋街で一杯やったりしたのだがそのごちゃごちゃした飲み屋街はすっかり壊され更地になっていてここ十三も再開発の波がやって来ているようだ。あ...