軍曹亭日乗 byかめカメラ

ARCHIVE PAGE: 2013年02月

これからもよろしくおねがいします。

色々あってここのところ2日ほど寝ていなかった。若い頃とちがって身体が持たなくて記憶のフラッシュバックなどを起こし、話している相手によると今日はおかしなことを言っているとのことだった。またもや無理は効かなくなってきたというところか。もらった「西光亭」のクッキーの箱絵のリスがなんともいえなく良い。藤岡ちささんというイラストレーターが描いているのらしいのだが味のある絵でけして上手くは無いのだけれど女の子...
  • Comment 2
  • Trackback 0

・・・に花束を!

ロビー活動は私たち日本人には快く思われない。自身の利益のためだけに私的な政治活動をするなんてことは潔くないと思うように育つからはかどうかは定かではないが、少なくとも私はそう思っている。巷ではオリンピック競技でロビー活動を怠ったために「レスリング」がはずされようとしていると話題になっているが、ロビー活動によって生き残った?!他の競技に比べると「レスリング」は世界的知名度も高いはずなのにと首を傾げてし...
Category 未分類
  • Comment 0
  • Trackback 0

East i-E(イーストアイダッシュイー)を見たっていい事ねーじゃねーか!

死ぬところだった、ほんとに死んでしまうところだった。巻き込むような下からの強い風に身体がフワッと一瞬浮かび上がる気がした。2月19日午後の埼玉県北部地域は北向きの冷たい強風が吹いていた。地上から10m、通常重ね式折半屋根の角度は緩やかなのだが古い建屋の屋根に新たに折半屋根を葺いているので屋根の角度が20°ある。その上で左手にバタつく図面を持ち右手にコンベックス(金属製メジャー)を持ち口にシャーペン...
Category 未分類
  • Comment 2
  • Trackback 0

映画日記 2013.02.16

「クリスマスって嫌い、寂しくなるから」竹下景子は当時「お嫁さんにしたい女優」N01だった。綺麗というより可憐だ。ということで今回は「ブルークリスマス」(1978年公開)この当時の東宝SF作品であるが、特撮シーンはほとんどない。岡本喜八と倉本聴のコンビの歯車は多少ギクシャクしているものの全体的には悪くないと思う。ナチスのユダヤ人迫害をベースにある日UFOを目撃した人々の血液が青くなりそれを排除しよう...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 0
  • Trackback 0

日乗 2013.02.16

屋上から見上げる空は高く青く視線を下ろせば街並みはいつもといささかちがって見える。教師の目を盗んでは校舎の屋上に上がり煙草をふかしていまだ焦点が合わない不確かな未来へ思いをめぐらせいたあの頃から30余年、今になってまた校舎の屋上にのぼる機会が多くなった。(もちろん仕事上だが)あの頃より空や街並みは幾分くすんで見えるような気がする。これまでの過ごしてきた時間と比例してそれなりに精神に「垢」が着いたと...
Category 未分類
  • Comment 0
  • Trackback 0

デッドエンド状態の休日の過ごし方(ボビーに首ったけ)

2年弱前にデッドエンドの標識に蹴りを入れてその先を進んで来たのにまた袋小路に陥ってもがいている日乗を過ごしている。特に年が明けてからは週末はほとんどといっていいほど引きもり状態だったのでこれではいけないとこの連休は外に出てみた。どこに行こうか思案した挙句とりあえず隣の駅まで散歩がてら行ってみようという結論に達する。隣の駅にはハローワークがあって自由人時代(苦笑)には失業保険の給付を受けるために度々...
  • Comment 0
  • Trackback 0

映画日誌 2013.02.10

「スペクタクル大作」なんて言葉を聞かなくなって久しい。現在の映画はCGなどを多用して制作費等を圧縮しているからか、この言葉自体が現在では死語と化しているように思われる。今回はまだ辛うじてこのハリウッドらしい言葉が残っていた頃の作品、「ナヴァロンの嵐」(1978年公開)である。前作の「ナヴァロンの要塞」(1961年公開)の続編に当たるのだが話的にはナヴァロン島の巨砲を破壊した英国コマンド部隊の次の任...
Category えいがDeGoGo!
  • Comment 0
  • Trackback 0

アクセス!!

JRの売店は「キヨスク」、西武は「トモニー」近鉄が「ケープラット」そして東武は「アクセス」である。都内から少し田舎にある本社に異動になって3ヶ月強、最寄の駅は団地の街で私の生まれた年に管理が開始され当時は「東洋一の団地」といわれていたらしいが今はその団地以外当時の活気を思わせる面影は無くなんとなく寂れた印象を受ける。その駅の改札口横にある「アクセス」そこには先の日乗で書いた煙草の銘柄「winston」は...
  • Comment 0
  • Trackback 0

情熱の赤?!

腕時計のバンドを「赤」に変えてみた。子供の頃から母親に「赤い服」を与えられそれに疑問を持たず着ていたからなのかは定かではないが、赤い服や持ち物が多い。最近は色々ストレスが溜まっているのか以前にも増して「イライラ」するシーンが多いので煙草だけではなくチョコレートも鞄の中に入れて出掛けることが多くなった。煙草は「Winston」!先の大震災の後、JTの銘柄が整理されてそれまで20数年来愛煙して来た「CAMEL」が...
  • Comment 0
  • Trackback 0