軍曹亭日乗 byかめカメラ

ARCHIVE PAGE: 2012年06月

FREE SMOKING!

集金と言うと今は昔の社会人になりたてだった頃を思い出す。月に1度、請求書と領収書を持って担当の客先を訪れ手形と引き換えてくる。数百万~数千万の額が入った手形が入っている鞄をしっかり抱きしめ帰るまでに落としたらどうしようなんてドキドキしながら会社への帰路に着いたものだ。直接担当が行かないスタイルが主流になった今、そんな感覚はとうの昔に忘れていたのだが今の勤務先と言うかこの業界はまだ集金があるらしく私...
Category 未分類
  • Comment 2
  • Trackback 0

京浜島で空を見上げる。

この日は梅雨の晴れ間である。京浜島は1939年、京浜第6区埋立地として登録した人工島で、島のほとんどは工業団地や物流会社の倉庫が大半を占めていて実質の登録人口は2人である。大田区も担当下?!に置いている私としては一番アクセスが困難な地区で、最寄の京急、大森海岸駅、平和島駅からのアクセスはバスになり、かろうじて徒歩圏内にある東京モノレール昭和島駅からもたっぷり30分はかかるので京浜島を訪れる際は渋々...
  • Comment 0
  • Trackback 0

357マグナム、次元大介という男

「ボンジュール、ボンソワール。これぞ、ルパン三世。怪盗アルセーヌ・ルパンの孫。クールタッチのゲパルト、天才アクションに生きる男。そのパワースケールが世のゴキブリ野郎共をダメージする。」1971年から1年間放映されたアニメシリーズのパイロットフィルム(1969年製作)のオープニングナレーションである。それまでの安保・学園紛争も下火になり熱く加速していた世の中からダルでシラケムードが世に蔓延しつつある...
Category 未分類
  • Comment 0
  • Trackback 0

雨の水天宮・・・

階段を上がって地下鉄の出口を出ると空はすっかり泣き出していた。つい2日ぐらい前に関東も梅雨入りしたとの事で致し方ないのだが、この時期はやはり好きでは無いなと思う。今日は降り始めの雨の匂いとニッキ(人形焼き)の匂いが混ざる人形町界隈にいるのである。早々に商用を終わらせ、いつものように少しふらふら。段々と雨足が強くなってきているのだがそうせざるえない性分なのでしょうがない。水天宮は福岡の久留米水天宮を...
  • Comment 0
  • Trackback 0

新馬場~青物横丁

ここのところ「東京城南散歩日記」?!の様相を呈してきているのだが。日本橋から2里、(7.9km)東海道2番目の宿が「品川」東海道は現在国道1号と名を変えて京都・大阪まで続いているが当時の経路をほぼ踏襲しているらしい。しかしながら沿道の各地にはチョコチョコと旧道が残る場所がある。ここ「品川」も駅で言うと京急(京浜急行)品川~大森海岸までの間に旧道が存在する。そのなかの新馬場~青物横丁間を歩いてみた。明治3...
  • Comment 0
  • Trackback 0

御茶ノ水。

千代田区である。まぁ担当地区はあるものの色々なしがらみ等で4つの区以外にも打ち合わせに来たりするのである。ここはやはり「学生の街」なのだ、道行く人々は半数以上が私よりも年下と言うか、息子やら娘の世代だ(私にはいないが。)こういう街を歩きながら耳をすますと今の若い世代がどんなことに興味があるのか解かるし、どんなファッションが流行っているかも視覚から入ってきて少々楽しい気分になる。そして御茶ノ水と言え...
  • Comment 0
  • Trackback 0

煙草のけむりとても碧くて雨上がりの夜空に輝くジンライムような・・・

職員室に架かっている鍵の中からこっそり作っておいた屋上の合鍵をポケットに忍ばせ、Pタイル引きの階段を2段3段と飛び越え全力疾走で屋上へと続くドアにたどり着く。ガチャガチャとドアを開け鉄扉を開くとそこには屋上床のモルタルに反射した白と空の青だけの光景が広がる。さらにサル梯子を登って屋上入口からは死角になっている給水塔下のいつもの場所に腰を下ろし、内ポケットから煙草を取り出しまだ使い慣れていないオイル...
Category 未分類
  • Comment 2
  • Trackback 0