軍曹亭日乗 byかめカメラ

ARCHIVE PAGE: 2012年01月

放送委員!

ケーブルの映画チャンネルで「20世紀少年」を観た。内容は書かないが、主人公が中学生の頃、休み時間?!の放送室でかかっていたポールモーリアのレコードを放送委員の女の子を縛り上げTレックスの「20thCentury Boys」に変えてしまうというシーンがある。その時ふと思い出したのだが、この「放送委員」ってやつを私も1年だけやったことがあった。(小学6年の時であるが)放送委員の主な活動は掃除時間とお昼...
Category 未分類
  • Comment 2
  • Trackback 0

茶色の小瓶・・・

リターナブル瓶とは繰り返し使用できる瓶のことで現在は缶やペットボトル、瓶にしても繰り返し使用できない「ワンウェイ瓶」が主流になったのでリターナブル瓶の使用量は減少している。(リターナブル瓶には保証金が掛けられている)昔は酒屋からビール、清涼飲料水などを(プラッシー、バヤリースなど、因みに私の家はキリンレモン)ケース宅配してもらい、それを購入して飲み終わった瓶をケースに戻してそれが無くなる頃にまた酒...
  • Comment 4
  • Trackback 0

200円!

200円で満足感を得るのはこのご時世かなり難しい。缶ビール(350ml)で215円、コンビニのハムカツサンドで230円~260円15年ほど前なら200円で煙草を1箱(ハイライト)手に入れられたが増税に次ぐ増税で今や煙草の価格は倍以上になって喫煙者いじめもいいところである。ここまで税金をかけるなら喫煙者のためのスペースや施設をもっと作ってもらいたいところだ、などと言ってみても始まらない。兎にも角にも...
  • Comment 2
  • Trackback 0

大正テレビ寄席

在阪中、大阪の友人達と話していると、よく出てくる話題に子供の頃、土曜の午後は急いで学校から帰りおかんの作ってくれた昼食のやきそばを食べながら「吉本新喜劇」を観るのが至上の幸せだなんてことを聞いたものだ。残念ながらこちら(関東)ではこの「吉本新喜劇」は放映していないので私にはその幸せはわからない。以前は寄席中継ってたぐいのやつをかなりやっていたような気がするが今ではほとんどそのような番組を見かけなく...
  • Comment 0
  • Trackback 0

専守防衛。

日本国憲法第9条では「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」を謳っているのだが、現状わが国は自衛隊なる戦力を保持している。(政府見解において自衛隊は「戦力」に値しない組織とされている)第9条と自衛隊の関係や自衛隊の成り立ち等を説明すると長くなるのでここは中高の「公民」の教科書で確認していただくことにして、この自衛隊の基本的な軍事戦略とされてきたのが「専守防衛」である。「専守防衛」とは、たとえ...
  • Comment 0
  • Trackback 0

読まずに死ねるか!

冒険小説ってやつを読まなくなって久しい。最期は、確か10年ぐらい前読んだスティーブン・ハンターの「極大射程」(新潮文庫)だったような気がするのだが。(2006年公開の映画の方は原作を読んだ人たちからの評判が悪いので観ていない)先々月、神保町の古本屋街で買い求めた冒険小説の書評本「読まずに死ねるか!」(1983年、内藤陳著、集英社初出)「内藤陳」氏というと私より下の世代は「誰?」という反応がほとんど...
  • Comment 0
  • Trackback 0

やっぱり上野なんだよな。

旧年中の総括と新年の抱負を真剣に考えてみる。などと理由を付けて正月期間はほとんど煙草を買いに行くぐらいしか外に出なかったのだが、(単に金が無いともいうこともあるのだが)松が明ける前にと6日にふらふらと外に出てみる。行き先も考えずにとりあえずは東武伊勢崎線に飛び乗る。15分後、無意識に「北千住」で降りて日比谷線のホームに向かっている自分に気が付き、上野にでも行くかということなる。池袋・新宿・渋谷・銀...
Category さんぽDeGoGo
  • Comment 2
  • Trackback 0

2012

新年も5日経ちましたが、遅ればせながらあけましておめでとうございます。旧年中は社会的にも個人的にも激動の1年で失せ物等も多い年でしたが、(わずかながら得た物もあります)今年は諸々停滞した分、それを燃料に飛躍できる年にしたいと切に願う次第でございます。と言いつつもユラユラ、フラフラの相変わらずの足取りでございますが、数少ない読者?!諸氏には、生暖かく見守っていただければこれ幸いと思っております。この...
Category 未分類
  • Comment 4
  • Trackback 0