軍曹亭日乗 byかめカメラ

CATEGORY PAGE: でんしゃDeGoGo!

孤独のグルメ…風(駒ヶ根出張編)

時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、私は自分勝手になり、自由になる。誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。以下独白。おれは、腹が減って死にそうなんだ!おっ!来たぞ!うーんかなりの大盛りだ。では一口。ほーいいじゃないか、こういうのでいいんだよ、こういうので。カツは厚いが思ったほど硬くないぞ〜...
  • Comment 0
  • Trackback 0

アクセス!!

JRの売店は「キヨスク」、西武は「トモニー」近鉄が「ケープラット」そして東武は「アクセス」である。都内から少し田舎にある本社に異動になって3ヶ月強、最寄の駅は団地の街で私の生まれた年に管理が開始され当時は「東洋一の団地」といわれていたらしいが今はその団地以外当時の活気を思わせる面影は無くなんとなく寂れた印象を受ける。その駅の改札口横にある「アクセス」そこには先の日乗で書いた煙草の銘柄「winston」は...
  • Comment 0
  • Trackback 0

渡良瀬・・・

約束の時間1時間前に着いた。これと言って駅前には何も無いのだが、昼食を取っていなかったので駅前唯一と言ってもいいと思われる「喫茶店」に入る。昼は喫茶で夜はスナックなのだろうと思われる店内、典型的な田舎の喫茶店だ。昼食には少し遅い時間なのだがまだランチタイムが終わっていなかったので「ソースカツ定食」を頼んだ。¥650也、不味くはないが家庭的な味でなにやらおふくろが作ってくれた夕飯のような感じがした。...
  • Comment 0
  • Trackback 0

浅草橋・・・

久しぶりの「都内」でしかもほぼ10余年ぶりに訪れたのではないだろうか。20代後半まで風の向くまま気の向くままな生活をしてきた後、長かった髪を切り(なにやら四畳半フォークの歌詞のようであるが)毎日のように人に会い、打ち合わせ、そして電卓を弾いて日々の糧を得る「勤め人」の生活にいきなりシフトチェンジした頃に最初に通った「街」である。問屋街なので10数年ぶりに駅前に立ってみても街に大きな変化は見られない...
  • Comment 2
  • Trackback 0

栃木・・・

仕事のことはあまり書きたくないのだが、殺人的な忙しさである。それ以外のすべてが忙殺される日々を迎えている。現在が旬でピークである事業を行う部署にいてその事業自体2、3年後には緩やかに先細っていくのがそれに従事している人間は(それが他社であれ)わかっているので現状での人員的補充はほぼ望めない。なのでなにからなにまで一人で処理しなければならない。こういう日々だからこそ、その忙しさに感けて大事なことや、...
  • Comment 2
  • Trackback 0