軍曹亭日乗 byかめカメラ

CATEGORY PAGE: うぉーげーむDeGoGo!

TANKS+!

このBlogでは「センチメンタルジャーニー」シリーズ(笑)が記憶に新しい(まだ未完)天才軍事ライター兼ゲームデザイナー兼シナリオライターその他諸々の「堀場亙」氏が「+」部分の監修をした(それにしても私の周りには天才が多いなぁ、笑)戦術級戦車戦シミュレーションウォーゲーム「TANKS+」(タンクスプラス)が最近自分の中ではかなりキテる。「+」部分の米英AFVチョイスも程よい車輛選択でセンスが良いし、プレイアビリ...
  • Comment 0
  • Trackback 0

河越ふたたび。

まずは冒頭に自他共認める天才ウォーゲームデザイナー(笑)吉川龍虎氏の新作、「慶長出羽合戦」の10月発売におめでとう御座候。ってなわけでそれを記念して前作のこれまた傑作ウォーゲーム「河越合戦」を再びプレイしてみようとの事で、相手は誰が良いかなと思案したところ、ここはやはり某歴史雑誌編集の「H」と遊ぶのが1番面白いんだろうとの結論に達して彼の自宅に押しかけた。最近は腑抜けた顔でボーッと虚空を見つめて「寝て...
  • Comment 0
  • Trackback 0

気になる写真。(ミニチュアウォーゲームのこと)

以前、子供の頃の事を書いた。(シミュレーションウォーゲームのこと、JOC!)「最初に日本で紹介されたWWIIヨーロッパ地上戦を模したウォーゲームの風景」と題された上記の画像であるがこの2枚?!共に当時、11歳の私がプレイテーブルの周りにいる。(だから現時点で39年前の画像で場所は代々木である)自身が写っていないのになぜそんな事が言えるのか?まずは最初の画像の方に写っている物から。ボール紙で作った「川」と右にあ...
  • Comment 1
  • Trackback 0

英雄之島!(Island Of Heroes!)

50年代後半、フルシチョフのスターリン批判を端に発した中ソ蜜月関係終了以降中ソ国境では小競り合いが頻繁に起きた。その中でも本格的な軍事衝突になったのが、1969年3月の「珍宝島事件」だ。(そしてくれぐれも大きな声で読み上げてはいけない。ソヴィエト側ではダマンスキー島)島と言っても海ではなくウスリー川なので「中洲」である。(ウスリー川はアムール川の支流の1つでロシア、ハバロフスク地域と中国吉林省、黒竜江省...
  • Comment 0
  • Trackback 0

Battle Flag!

以前、「Barbarians Rising!」で付き合ってもらった「Kくん」に今度は私が付き合うという事で「南北戦争」ものにチャレンジ。南北戦争に関してもこれまた高校社会科ぐらいの知識しかない私は、「Sくん」から借りている南北戦争特集の「歴史群像」で予習。(一夜漬けの付け焼き刃感たっぷりであるが)そしてふたを開けるとまた私が気を使ってもらった事になる。軍「うひょー!かっけー!やっぱフラッグあるとまたグッと来るねぇ。...
  • Comment 0
  • Trackback 0