軍曹亭日乗 byかめカメラ

CATEGORY PAGE: うぉーげーむDeGoGo!

気になる写真。(ミニチュアウォーゲームのこと)

以前、子供の頃の事を書いた。(シミュレーションウォーゲームのこと、JOC!)「最初に日本で紹介されたWWIIヨーロッパ地上戦を模したウォーゲームの風景」と題された上記の画像であるがこの2枚?!共に当時、11歳の私がプレイテーブルの周りにいる。(だから現時点で39年前の画像で場所は代々木である)自身が写っていないのになぜそんな事が言えるのか?まずは最初の画像の方に写っている物から。ボール紙で作った「川」と右にあ...
  • Comment 1
  • Trackback 0

英雄之島!(Island Of Heroes!)

50年代後半、フルシチョフのスターリン批判を端に発した中ソ蜜月関係終了以降中ソ国境では小競り合いが頻繁に起きた。その中でも本格的な軍事衝突になったのが、1969年3月の「珍宝島事件」だ。(そしてくれぐれも大きな声で読み上げてはいけない。ソヴィエト側ではダマンスキー島)島と言っても海ではなくウスリー川なので「中洲」である。(ウスリー川はアムール川の支流の1つでロシア、ハバロフスク地域と中国吉林省、黒竜江省...
  • Comment 0
  • Trackback 0

Battle Flag!

以前、「Barbarians Rising!」で付き合ってもらった「Kくん」に今度は私が付き合うという事で「南北戦争」ものにチャレンジ。南北戦争に関してもこれまた高校社会科ぐらいの知識しかない私は、「Sくん」から借りている南北戦争特集の「歴史群像」で予習。(一夜漬けの付け焼き刃感たっぷりであるが)そしてふたを開けるとまた私が気を使ってもらった事になる。軍「うひょー!かっけー!やっぱフラッグあるとまたグッと来るねぇ。...
  • Comment 0
  • Trackback 0

Pak Front!(Flames Of War 9)

詳しい流れは「はじめてのミニチュアウォーゲーム」を参照してもらうとして画像だけ載せておくことにする。はっきりいって手抜き以外のなにものでもない。。追記八九式やMk.Ⅵの15mmタイプは「マレー半島」にはいなかったんだけどその辺はご愛嬌という事で。...
  • Comment 0
  • Trackback 0

London's Burning!(Barbarians Rising 2)

紀元前にブリテン島に侵入していたローマはテムズ川沿いにケルト語で「沼の砦」を意味する「Londinium」(ロンディニウム)と言う名の町を作った。それが今の「London」(ロンドン)であり、やはりここでも以前からの住人、ケルト人達との間に軋轢が広がり、やがて反乱に繋がっていく。前回のゲルマニア(ドイツ)のゲームが終了後、舞台をブリタニア(イギリス)に移して「Boudica」(ブーディカ)をプレイ。ケルト人イケニ族の女...
  • Comment 0
  • Trackback 0