軍曹亭日乗 byかめカメラ

CATEGORY PAGE: 中央・港・品川・大田

かぐらざか・・・

気象庁曰く「これまでに経験したことのないような大雨」を九州で記録した今年の梅雨だったが、その影響?!もあってか関東は例年よりはあっさり梅雨明けしたような気がする。外回りのわが身としては傘を持ち歩く手間と湿気からは解放された訳だが、代わりに刺すような陽射しと高温が襲い掛かってくる。「クールビズ」のノーネクタイにはどうも迎合できずにいるので容赦のない真夏の洗礼を受ける事に・・・神輿が重くて坂を上れなか...
  • Comment 0
  • Trackback 0

アリス・イン・ワンダーランド!?

ではなく「有栖・イン・ドイッチェラント」である。画像向かって右側が有栖川公園、左側がドイツ大使館でこの間を通る坂は「南部坂」と言い、有栖川公園は以前の南部藩屋敷跡があった所なのでこの名がついた。最寄の駅は「広尾」である。もちろん普段このようなこじゃれたところには来ないのだが仕事なので致し方ない。左側のドイツ大使館の塀には期間限定だと思われるがドイツ、日本関連の画像が張ってある。中でも私の目に留まっ...
  • Comment 0
  • Trackback 0

京浜島で空を見上げる。

この日は梅雨の晴れ間である。京浜島は1939年、京浜第6区埋立地として登録した人工島で、島のほとんどは工業団地や物流会社の倉庫が大半を占めていて実質の登録人口は2人である。大田区も担当下?!に置いている私としては一番アクセスが困難な地区で、最寄の京急、大森海岸駅、平和島駅からのアクセスはバスになり、かろうじて徒歩圏内にある東京モノレール昭和島駅からもたっぷり30分はかかるので京浜島を訪れる際は渋々...
  • Comment 0
  • Trackback 0

雨の水天宮・・・

階段を上がって地下鉄の出口を出ると空はすっかり泣き出していた。つい2日ぐらい前に関東も梅雨入りしたとの事で致し方ないのだが、この時期はやはり好きでは無いなと思う。今日は降り始めの雨の匂いとニッキ(人形焼き)の匂いが混ざる人形町界隈にいるのである。早々に商用を終わらせ、いつものように少しふらふら。段々と雨足が強くなってきているのだがそうせざるえない性分なのでしょうがない。水天宮は福岡の久留米水天宮を...
  • Comment 0
  • Trackback 0

新馬場~青物横丁

ここのところ「東京城南散歩日記」?!の様相を呈してきているのだが。日本橋から2里、(7.9km)東海道2番目の宿が「品川」東海道は現在国道1号と名を変えて京都・大阪まで続いているが当時の経路をほぼ踏襲しているらしい。しかしながら沿道の各地にはチョコチョコと旧道が残る場所がある。ここ「品川」も駅で言うと京急(京浜急行)品川~大森海岸までの間に旧道が存在する。そのなかの新馬場~青物横丁間を歩いてみた。明治3...
  • Comment 0
  • Trackback 0