FC2ブログ

軍曹亭日乗 byかめカメラ

出来事、思うことをつらつらと書き綴ります。 グダグダに日々過ごしているわたくしめでございます。 どうぞ暫しおつきあいを・・・・

怪獣墓場もとい、戦車墓場。。

20年ぶりくらいに「大鳥居」で下車する。その頃、この駅の周りは工場ばかりで駅前は殺風景だった記憶があるのだが、今はそんな事もなくマンションなどもかなり建っていて住宅地っぽいロケーションに変わっていた。(もちろん、20年前は仕事で訪れている)何のために「大鳥居」に来たかといえばこのBlogにも度々登場する友人Kの家があるので遊びに来たというわけである。「友人K」とは、出した本が重版になって次に会ったらきっと一...
Category 未分類
  • Comment 0
  • Trackback 0

RONSON!

あいも変わらずの「喫煙者」なのである。この時、購入したオーストリア製の「IMCO」も今はもうオーストリア本国での生産は辞めてしまい、後にその金型を日本で買い取って中国で作らせているものしか現在は手に入らなくなった。(なので、オーストリア生産分の残り在庫が高騰してZippoより高価になってしまった)中国生産の物も金型購入費の早期償却からかスタンダードなタイプでも¥2,000位して「IMCO」の良さが全くなくなってしま...
  • Comment 0
  • Trackback 0

常陸国お城放浪記5

「命に関わる暑さ」が続いているので最近はお城を訪れていない。もう、若くも無いし基本、背広姿なので下手をすればほんとに命に関わるかもしれないので。つーわけで今回は1ヶ月以上前に行ってネタ切れ?!の時に使おうと思っていた。画像を引っ張り出してくる事にする。ってな事でまっとうな?!常陸のお城、「小幡城」である。まあ、どんな来歴かは画像の看板を見てもらう事にして…(ようは手抜きってヤツなのだが)ここの「お城...
Category お城同好会
  • Comment 0
  • Trackback 0

女心と安芸の宮島!

最近、「毛利元就」が自分の中でトレンド(苦笑)なんで、そう言えばって事で棚をゴソゴソ。「西の桶狭間」と言われている「厳島合戦」をゲーム化した「厳島の戦い」をプレイしてみる。今回はこう言う時に遊んでくれる年下の友人たちの1人「HAくん」に相手をしてもらう。HAくんが「陶晴賢」(すえはるかた)私が「毛利元就」でゲームスタート!戦力的には陶晴賢側が有利な代わりにイニシアチブは常に毛利方にあって調略を駆使して...
  • Comment 0
  • Trackback 0

民さんは野菊のような人だ。

「山武市歴史民俗資料館」、何か甲冑とかこの辺(上総国、千葉県)の国司や守護大名なんかの資料があるかなと思って立ち寄ったのだが、館内はほぼ全て「伊藤左千夫」の資料館だった。そういえば、いつの間に「山武市」になったんだろう。この辺は私の記憶では「成東町」だったし、いろいろ合併して最近市になったんだろうが、その「最近」の感覚がズレてきていてやっぱり歳とったんだなと。そして「伊藤左千夫」って聞くとすぐ「野...
  • Comment 0
  • Trackback 0

戦闘戦史!

久しぶりに本の話題である。うちに帰ると、「左衛門尉」からの小包が届いていた。中身は既に私のblogでレギュラー演者になりつつある(笑)その「左衛門尉」こと「樋口隆晴」氏の出たばかりの著書だった。(「氏」付けたの初めてだよ、そして実名を出すのは本の画像見てれば嫌でも目に入るし、「おれの画像はフリー素材なんだよ!」と言って憚らないヤツだし、僅かながらも宣伝になるし(なるかなぁ)きっと本人もクレームを入れて...
  • Comment 0
  • Trackback 0

公方さまーっ!

最近一部で「越谷公方」(笑)と名乗っている手前、スジ?!は通しておかなくてはと思い、小雨の中、古河に行ってきた。古河駅(茨城県)からそう遠く無いところ(2.3km)にある「満福寺」なのだが住所的にはここは栃木県下都賀郡野木町になる。この辺は以前にも書いたが埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬の県境が入り組んでいる地域なので、車で20分も走ると先に挙げた全ての県を縦断できる。そしてこの県境、500年前はそれこそ「国境...
Category お城同好会
  • Comment 0
  • Trackback 0